無料 無料 無料 ホームページ作り方



2016年12月10日

2016年12月09日のつぶやき


posted by 血液の鉄人 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

2016年12月08日のつぶやき


posted by 血液の鉄人 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

2016年12月07日のつぶやき


posted by 血液の鉄人 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

ホップと認知症予防

日本国内における認知症の人はおよそ460万人以上と推測され、その内の70%がアルツハイマー型認知症と言われています。

アルツハイマー型認知症は、加齢に伴い脳内にタンパク質の一種である"アミロイドβ"が蓄積することによって起こります。

この度ビールメーカと大学の研究によって、ポップ由来の苦味の成分である「イソα酸」に脳内の免疫細胞である"ミクログリア"を活性化させて"アミロイドβ"を除去する作用があることが明らかにされました。

今はマウスによる動物実験の段階ですが今後アルツハイマー型認知症に治療薬の開発に期待されています。

「イソα酸」はビールの苦味に多く含まれていることから、ビールを多く飲めばアルツハイマー型認知症予防になると考えてビール呑みすぎるのはダメです。

ビールの飲み過ぎは体にはよくありませんので!!ほどほどに!!

ホップはセイヨウカラハナソウとも呼ばれ、アサ科の植物です。

ホップは雄株と雌株に分かれている植物で、ビールの醸造に使われるのは雌株の花の部分です。

これを「毬花」と呼びます。

ホップの「毬花」と呼ばれる部分がビールに苦みと香りを与え、また泡の生成にも力を発揮し、防腐効果もあるということです。

※「毬花」:読み方:まりばな※

※雌しべや雄しべが主軸上に多数密生し円錐形または球形になったもの※

切手は1961年ハンガリー発行の「薬用植物切手」でホップが描かれています。


ホップ.1961.jpg


切手は1955年ユーゴスラビア発行の「薬用植物切手」でホップが描かれています。


ホップ1955.jpg

切手は2016年ドイツ発行の「ビール純粋令500年記念切手」でビールと泡のイメージが描かれ右下にはホップが描かれています。


ドイツ2016.png


※ビール純粋令とは、1516年4月23日にバイエルン公ヴィルヘルム4世(1493〜1550)が制定した法で、「ビールは大麦、ホップ、水のみを原料とすべし」と原料を定めた法律※
posted by 血液の鉄人 at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

グッピーでデング熱対策

熱帯魚を飼育したことのある人は、一度は飼育した経験があると思う熱帯魚のグッピーが蚊が媒介する感染症対策に一役買っていることを紹介します。

インドではデング熱の感染者がこの5年でおよそ6倍に増え、デング熱を媒介する蚊の発生を抑え込むためのさまざまな対策が講じられています。

インド政府によりると都市化などに伴ってデング熱に感染する人は年々増えていて、2015年は、5年前の6倍の75000件の感染が確認され、167人が死亡しています。

そのインドで、蚊の発生を抑え込むため注目されているのが、熱帯魚のグッピーです。

グッピーは水中にすむ蚊の幼虫を好んで食べるうえ、繁殖力も強いということで、首都ニューデリーの保健当局は、雨水がたまったままの噴水などにグッピーを放して蚊の幼虫を駆除しています。

グッピーを使ったデング熱対策は、アジア開発銀行などがカンボジアやラオスで行った実証実験でも、蚊の発生を化学薬品を使わずに効果的に抑えられるとしてその効果を認められ今後、デング熱の流行に悩むほかの国にも広がりそうです。

切手は1974年、ポーランド発行の「観賞魚切手」で水槽内のきれいなグッピーが描かれています。

切手上部にはグッピーの学名であるPoecilia reticulata(ポエキリア・レティキュラータ) の記載があります。



グッピー.1974.jpg

切手は1976年東ドイツ発行の「グッピー切手」でラウンドテールグッピーが描かれています。


グッピー.jpg

posted by 血液の鉄人 at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

麻酔の始まりとは

聖書の『創世記2章』に、以下の記載があります。

「主なる神はアダムを深い眠りに落とされた。

アダムが眠り込むと肋骨の一本を取り出し、その跡を肉で塞がれた。

そしてアダムから抜き出した肋骨で女性を作り上げられた。」

これはまさしく神が麻酔をかけたことを表現しています。

この記載から神その物が最初の麻酔医(麻酔師)ということになります。

切手は1971年マナマ発行のもので、ヴェロネーゼの絵画よりイブの誕生が描かれています。



アダムとイブ1.jpg


切手は1982年パラグアイ発行の「ラファエロ生誕500年記念切手」の一枚でラフアエロの絵画よりイブの誕生が描かれています。



イブ2..jpg
posted by 血液の鉄人 at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

肝臓とアルコール

肝臓は右の肺下にある重さ1.2kgほどの臓器で、栄養の代謝・有害物の解毒・胆汁に生成を行っている臓器です。

何らかの疾患で肝臓の機能が障害されると、最悪死に至ります。

肝臓は生命の維持に不可欠な働きを日々休むこと無く行っています。

我々がお酒を飲むとアルコール脱水酵素がアルコールをホルムアルデヒドに分解され、その後ホルムアルデヒド脱水酵素の働きによりホルムアルデヒドは尿素に分解されます。

そして尿素はアセチルCoA等の働きにより水と二酸化炭素に分解されて体の外へ排泄されます。

肝臓は体にとって有害なアルコールを無毒化して体の外へ排泄させる重要な働きをしています。

当然アルコールを多く飲めば飲むほど肝臓に与えるダメージは大きくなります。

アルコールやホルムアルデヒドは肝臓にダメージを与えますが、肝臓の再生能力は極めて高いことから過度の飲酒を続けなければ肝臓は直ぐにダメージから立ち直り、働き続けてくれます。

何事も過度の負担は良くないということです。

日々酒を飲み続けて10〜20年と過ごすと肝臓もダメージを受けて修復できなくなり肝硬変になってしまいます。

一度肝硬変になると肝臓の細胞は、破壊されて元に戻ることはありません。

更に悪化すると黄疸が発現し、腹水がたまり、意識障害が出現し最終的死に至ります。

肝硬変になると禁酒は絶対です。

肝硬変になると平均5%の割合で肝臓がんが発生します。

飲酒をしているからと言って必ずしも肝硬変になり、肝臓がんにはなりません。

例えば日々日本酒を五合飲み続ければ、1週間で脂肪肝となり、更に飲酒を続けることにより脂肪肝から肝硬変になるのです。

休肝日をもうけ正しく酒を飲めば肝臓を痛めることはありません。

肝臓を労る酒の飲み方をしたいものです。

切手は2000年イタリア発行の「移植切手」で肺・心臓と共に肝臓が鮮明に描かれています。


イタリア2000移植切手.JPG

切手は2016年日本発行の『日本・ベルギー友好150周年記念切手』10種類の内の1種で
美味しそうなビールが描かれています。


ビール1.jpg
posted by 血液の鉄人 at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

産褥熱との医師ゼンメルワイス

分娩の際に生じた傷を介して細菌に感染して起こる熱性疾患を総称して、産褥熱(さんじょくねつ)といいます。

かつて産褥熱は、妊産婦死亡の最も重要な原因でしたが、消毒法の発達や化学療法の進歩により激減し、妊産婦死亡の年次推移においても産褥熱による死亡率は極めて低くなってきています。

しかし、産褥熱が猛威を振るい産婦の命を意図も簡単に奪っていた時代がありました。

イグナツ・ゼンメルワイス(1818〜1865)は、オーストリアの医師で産褥熱を無くすることに勢力を傾け塩素水による消毒がこの病気を激減させると主張するも、当時の医学界からは全く相手にされなかった人物です。

ゼンメルワイスは、不潔な医師の手や手術器具を介して産褥熱が引き起こされる事に気づき、丁寧な消毒手洗いを取り入れますが、殆どの医師は彼をあざ笑い従う者はいませんでした。

殆どの医師は、この馬鹿げた消毒をめんどくさく思い、実施することがなかったことから彼自身が強制的に消毒をさせるという手段を講じなければならない状態でした。

めんどくさい消毒を押し付ける彼に対する風当たりは極めて強く、慢性的な苛立ちから常に発作的に怒り出すようになり、温厚で陽気であった人物は憎まれ者の変人に変わってしまうことになります。

その後多難な経験をした後1860年頃、『産褥熱の原因、概念、及び予防法』を出版します。

この本は今までの間違った概念に対する警告を発し、彼は多くの医師が賛同すると考えていましたが、彼に賛同したものはほとんどいなく、このことが彼に更なる打撃を与えることになります。

悲劇は続き、1864年精神的におかしくなり、1865年7月精神病院に入院させられることになります。

長い間の狂乱状態をへて、1865年8月14日に47歳の若さで死亡します。

解剖の結果、麻痺性痴呆症の症状の他に、全身にわたる炎症と化膿が確認され、彼の死因は敗血症とされました。

産褥熱や手術熱をなくするために消毒法を提案し、多くの女性の命を救ったゼンメルワイスが産後・術後の犠牲者と同じ感染症で生命を落としたのは皮肉なことです。

ゼンメルワイスは、産褥熱や手術熱が微生物によって引き起こされることには、気づくこと無く、これらの感染症が微生物によって引き起こされることが発見されるのは、これよりまだ三十年先となります。

切手は1954年ハンガリー発行の「科学者切手」で、ゼンメルワイスの肖像と共に産婦の側で新生児を抱き上げる彼と分娩時の消毒に使用した洗面器が描かれています。


ハンガリー.jpg


切手は1956年西ドイツ発行の「母子擁護募金切手」で、ゼンメルワイスの肖像と共に産褥熱で苦しむ患者とその体温表が描かれています。



西ドイツ.jpg
posted by 血液の鉄人 at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
卵60.jpg

趣味 - シュミラン
フィードメーター - 血液の鉄人の医学切手アラカルト






質問や意見および連絡用の掲示板を設置しましたのでご利用下さい。


掲示板

タグクラウド
最近のコメント
刺青による肝炎ウイルス感染について by 血液の鉄人 (04/20)
刺青による肝炎ウイルス感染について by 東京 タトゥー tattoo (04/20)
デング熱感染増加にご注意 by ★ ホ テ ル のフ ロン トで 働 い て る 者 (07/21)
世界初の結核慈善切手 by メグ (07/06)
メンデルと遺伝の法則 by 一ファン (06/23)
商品紹介
RDF Site Summary
RSS 2.0
ダイエットサプリメント

ダイエットの疑問・質問・体験談など、成功に役立つ情報が満載!

ウラマブログ

雑談だけど、手料理、一眼レフなどもあるよ!!

競馬情報

当たる競馬情報が満載の的中予想サイト。

コスプレを楽しむ

イベントで撮影させて頂いた画像をUPしています。

ゴールドカード

今すぐ入会したい憧れのゴールドカード口コミ情報がわかる。

被リンク増やす君
アクセスアップを目指すなら
経済指標発表