無料 無料 無料 ホームページ作り方



2019年08月19日

2019年08月18日のつぶやき




posted by 血液の鉄人 at 00:01 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

スイカで熱中症対策を!!

毎日毎日暑いですねぇ。

熱中症対策を怠らないようにして下さいねぇ。

今日はスイカが熱中症対策になるということを紹介させていただきます。

スイカを食べることは熱中症の対策として極めて効果的です。

そもそも熱中症対策には水分補給が欠かせません。

スイカは水分が豊富で、エネルギーとなる糖分も含まれることから熱中症を防ぐ効果があります。

更に熱中症予防には塩分を補うことも必要となりますが、スイカに少量の塩をかけて食べるという習慣は理にかなっています。

スイカに含まれ適度な糖分と塩分が脱水を癒してくれるのです。

次にスイカに含まれるカリウムは利尿作用を促すので、摂りすぎた水分を排出するのに役立ちます。

またスイカに含まれているシトルリンというアミノ酸は血流を促し、むくみを取る効果があります。

スイカを食べて熱中症対策をして下さい。

スイカを食べることで気をつけなければいけないこととしては、スイカに多く含まれるカリウムは体を冷やす作用もあるので冷え性の人や、腎臓が弱い人は食べ過ぎに気をつける必要があります。

食べすぎず程よく食べて熱中症を予防して下さい。



切手は1978年スリナム発行の「普通切手」で美味しそうなスイカが描かれています。


スイカ.スリナム.jpg




切手は2007年マルタ発行の「マルタの果物切手」で美味しそうなスイカが描かれています。


スイカ.マルタ.jpg



切手は2014年日本発行の「野菜とくだもの切手(U)」で美味しそうなスイカが描かれています。


スイカ.日本.jpg
posted by 血液の鉄人 at 18:46 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症を知っていますか?

2019年8月5日、米国オハイオ州に住む女性が、イヌになめられたことが原因で感染症にかかり、地元病院で両手両脚を切断する手術を受けたと報道されましたが、これは飼い犬が飼い主の開いた傷をなめたことによってカプノサイトファーガ・カニモルサスに感染したようです。

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症は動物由来感染症で、イヌ・ネコの口腔内に常在している3種の細菌、カプノサイトファーガ・カニモルサス(C. canimorsus) 、カプノサイトファーガ・カニス(C. canis)及びカプノサイトファーガ・サイノデグミ(C. cynodegmi)を原因とする感染症です。

イヌやネコに咬まれたり、引っ掻かれたりすることで感染・発症します。

報告数は非常に少なく、人から人への感染の報告はありません。

大半の人はイヌやネコと接触しても発病せず、カプノサイトファーガが人間に病気を引き起こすケースは稀で、最もリスクが高いのはがん患者や脾臓摘出者など免疫系が弱っている人と言われています。

イヌやネコに咬まれたり、引っかかれたりしてから発病までの潜伏期間は1〜8日で、症状としては、発熱、倦怠感、腹痛、吐き気、頭痛などです。重症化した場合は、敗血症や髄膜炎を起こし、播種性血管内凝固症候群や敗血性ショック、多臓器不全に進行して死に至ることがあります。

我が国においては、1993年から2017年の間に93人の報告があり、内19人が死亡しています。

感染原因としては、イヌの咬掻傷52例、ネコの咬掻傷20例、イヌ・ネコとの接触歴のみ18例、不明3例となっています。

診断方法としては、患者血液や脳脊髄液、傷口の滲出液を培養して、菌を分離・同定します。

培養サンプルからのPCR検査も可能です。

培養検査では細菌の生育が遅く、分離・同定の検査結果による診断には時間がかかることから、検査結果を待つことなく患者の臨床症状等に応じてできるだけ早期に適切な治療を開始する必要があります。

治療法としては、早期に抗菌薬等による治療を開始することが重要となり、咬傷に対する抗菌薬としてはペニシリン系、テトラサイクリン系抗菌薬が一般的に推奨されています。

感染予防策としては、日頃から動物との過度のふれあい可能な限りは避け、動物と触れあった後は手洗いを念入りに行うことが必要です。

この感染症は基礎疾患のない健常人であっても発症し、重症例では死亡例も報告されていますが、受傷時に早急に医療機関を受診して消毒や抗生物質の投与等を受けていれば重症化しにくいと言われています。

イヌやネコによる咬傷・掻傷を軽く考えずに早期に医療機関を受診することが大切です。


切手は1993年ニュージーランド発行の「子供の健康切手」で子犬を見つめる男の子が描かれています。



子供とペットの切手.イヌ.jpg



切手は1993年ニュージーランド発行の「子供の健康切手」で子猫にキスする女の子が描かれています。



子供とネコ.jpg


posted by 血液の鉄人 at 21:16 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

ニュートンとペスト

サー・アイザック・ニュートン(1642〜1727)は、イングランドの自然哲学者、数学者、物理学者、天文学者、神学者で、万有引力・微分積分学・光のスペクトル分光などの優れた業績で有名な人物です。

現在の科学分野、数学分野で極めて基礎的に理論である微分積分学を創出し、これらの功績により、近代数学、物理学の祖と称されています。

さらに力の単位N(ニュートン)は、彼の名前にちなんで名付けられています。

1665年から1666年にかけてロンドンではペストの大流行が起こり、ロンドン市民46万人の三分の二がロンドンから避難しましたが、68000人以上の人が死亡しています。

この時ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジが閉鎖され、ニュートンは自分の田舎に帰ることになります。

田舎でのゆっくりとした生活の中で研究を進めて、『万有引力』・『微分積分学』・『光のスペクトル分析』の三大発見(ニュートンの三大業績)を成し遂げます。

「三大発見(ニュートンの三大業績)」は、いずれもペスト禍を逃れて故郷の田舎に戻っていた18ヶ月間の休暇中に成し遂げられ、全て彼が22〜232歳ころまでに成し遂げられています。

このわずか1年半ほどの期間にニュートンの主要な業績の発見および証明がなされたことは、ベストのお陰と言っても良いでしょう。

ニュートンはペスト流行の直前の1664年に奨学生試験に合格し、よく年の1665年には学位を得ていることも幸いしています。


切手は1987年モナコ発行の「万有引力の法則発見300年記念切手」で、ニュートンの肖像と共に万有引力の法則が描かれています。



モナコ.jpeg




切手は1988年モルディブ発行の「科学者切手」で、光のスペクトルの分析をするニュートンが描かれています。




モルディブ.jpg




切手は1987年グレナダ発行の「科学史上の切手偉業記念切手」で、万有引力の法則を発見したリンゴを持つニュートンとリンゴの木が描かれています。




グレナダ.jpg



posted by 血液の鉄人 at 08:37 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

マグロが消える日!!??

太平洋で漁獲されるクロマグロのうち92.6%がマグロの幼魚と言われています。

要するにほとんど稚魚のうちに獲っている訳で、味がのるとされる四歳魚以上の割合はわずか1.2%、卵を産む前の子どもの段階で獲りつくしていることになります。

このことからもマグロの減少はうなずけます。

日本は世界のクロマグロの世界総生産量の80〜90%を消費していると言われており、資源の枯渇は「日本人のせい」と言われています。

現在、クロマグロは乱獲により絶滅の危機に貧していますが、絶滅危惧種を記載したIUCNレッドリストにも全部で8種類存在しているマグロのうち6種が登録されているというから深刻と言わざるを得ません。

※IUCN:International Union for Conservation of Nature and Natural Resources(国際自然保護連合)※

一般的にマグロと呼ばれている魚は、クロマグロ(本マグロ)、ミナミマグロ(インドマグロ)、メバチマグロ、キハダマグロ、ビンナガマグロ(ビンチョウマグロとも)、イソマグロ、コシナガマグロ、タイセイヨウクロマグロの8種類がいます。

絶滅危惧種ランクとしては、以下のとおりです。

絶滅危惧TA類:ミナミマグロ

絶滅危惧TB類:タイセイヨウクロマグロ

絶滅危惧U類:タイヘイヨウクロマグロ、メバチ

準絶滅危惧種:キハダ、ビンナガ


マグロ資源の減少はクロマグロやミナミマグロといった高級マグロだけにとどまらず、すべてのマグロ類が乱獲により減少していることが報告されています。

中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC:Western and Central Pacific Fisheries Commission)で「未成魚(30キロ未満)の漁獲を2015年から半減させること」に合意していますが、これはマグロの資源回復にむけての第一歩を踏み出したのみで、マグロの資源回復には程遠いと言えます。

要するにこの合意では幼魚を獲ることを控えただけですから、「資源量は回復しない」と言われており、産卵場付近での規制を含めて資源回復に取り組まなければ、やがて食卓からマグロが消え去る日は近いと言えます。



切手は1937年コスタリカ発行の「コスタリカの輸出品切手」で、クロマグロが描かれています。



1937.コスタリカ.輸出品マグロ.jpg/center>



切手は2011年セントビンセント発行の「日本国際切手展2011年の小型シート」で、左端の切手とシート地にクロマグロが描かれています。



クロマグロ.jpg

posted by 血液の鉄人 at 07:04 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

受動喫煙で年間100万人死亡!!

受動喫煙とは、喫煙により生じたたばこの先から出る副流煙、喫煙者が吐き出した煙を発生源とする、有害物質を含む環境たばこ煙に曝露され、それを吸入することを言います。

タバコの煙には、タバコを吸う人が直接吸い込む「主流煙」と、火のついた先から立ち上る「副流煙」に分かれます。副流煙には主流煙と同じく体に有害な成分が含まれていて、ニコチン、タール、一酸化炭素などの成分量は主流煙よりも多いといわれています。

これを端的に言いますと受動喫煙というのは、自分の意志にかかわらず、他人が喫うタバコの煙を吸わされてしまうことです。

2016年8月には国立がん研究センターより、受動喫煙による日本人の肺がんリスクは約1.3倍になることが発表されるなど、受動喫煙のリスクは科学的にも証明されています。

2019年5月29日WHOは、受動喫煙で年間100万人が死亡しており、5歳未満の子供も6万人以上が呼吸器感染症で犠牲になっていると発表し、各国に受動喫煙対策の強化を求めた。

WHOは"たばこ規制枠組み条約"に基づき、受動喫煙防止のため全ての建物内を完全禁煙とすることを勧告しているが、WHOは取り組みが進んでいない国も以前多く存在し、最優先課題としてほしい発表しています。

WHOの試算によると、全世界で喫煙や受動喫煙による死者は年間少なくとも800万人に達し、40%以上が肺がんなど肺の疾患で亡くなっていると推定される。


切手は2005年トリニダードトバコ発行の「子供のがん撲滅切手」で、切手には、禁煙のマークと「喫煙はかっこよくない」の文字と、シート地には、たばこに巻かれて苦しむ子供が漫画風に描かれています。



禁煙切手1..jpg



切手は1976年チェコスロバキアが発行の「禁煙キャンペーン切手」で、男女がくわえているたばこから立ち上る副流煙が見事に描かれ、煙草の害死に至ることを骸骨を描くことで表現しています。



禁煙切手.チェコ.jpg
posted by 血液の鉄人 at 11:11 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

世界ワクチンの日

7月6日は、フランスのルイ・パスツール(1822〜1895)が1885年のこの日に近代的ワクチンを世界ではじめて接種した日です。

近代ワクチンの父と称されるフランス人科学者ルイ・パスツールが開発した狂犬病ワクチンが、9歳の少年ジョセフ・マイスターに接種された記念すべき日です。

狂犬病は、犬あるいは動物だけの病気ではなく、人を含めた全ての哺乳類が感染し、一旦発病すると治療方法がなく、悲惨な神経症状を示してほぼ100%死亡する極めて危険なウイルス性の人獣共通感染症です。

発症後の有効な治療法はなく、感染前(曝露前)であれば、ワクチン接種によって、予防が可能です。

1885年、ルイ・パスツールによって弱毒狂犬病ワクチンが人類史上初めて開発されました。

このワクチンは狂犬病を発病したウサギの脊髄を摘出し石炭酸に浸してウイルスを不活化するというものです。

パスツールは狂犬病の予防ワクチンだけでなく、すでに感染した患者にワクチンを投与することで早期なら発病の防止が可能であることも発見しています。

切手は1926年フランス発行の「通常切手」で、パスツールの横顔が描かれています。



パスツール.jpg



切手は1985年中央アフリカ共和国発行の「狂犬病ワクチン創始100年記念切手」で、実験室で狂犬病ウイルスを感染させたうさぎの乾燥脊髄標本を観察するパスツールが描かれています。



パスツール.中央アフリカ.jpg


posted by 血液の鉄人 at 08:37 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

前立腺がん

前立腺がんは、男性特有のがんの一種で前立腺肥大症とともに、中高年の男性において注意すべき前立腺の病気のひとつです。

前立腺がんの発生には男性ホルモンが関与していると言われており、加齢によるホルモンバランスの変化ががん発生に影響しているものと考えられています。

前立腺がんは他の臓器のがんとは異なり、ゆっくりと進行するため、早期に発見できれば、ほかのがんに比べて治りやすいがんですが、初期には自覚症状がほとんどないことから、発見が遅れることが多いです。

発見が遅れて進行すると最終的には骨やほかの臓器にまで転移することがあるため、早期に発見し、適切な治療を行うことが大切になります。

早期の前立腺がんには、がん特有の症状はなく、がんの進行とともに尿がでにくい・排尿時に痛みを伴う・尿や精液に血が混じるなどの症状がみられる様になります。

近年の高齢化、食生活の欧米化と検査精度の向上による正確な診断により、日本人の前立腺がん患者数は確実に増えています。

2020〜2024年(年平均)には前立腺がん罹患数は105,800人となり、男性がんのうち、第一番目の罹患数になると予測されています。

更に前立腺がん死亡数は、2020〜2024年(年平均)には14,700人となり、2000年の約1.8倍になると予測されています。

切手は1999年米国発行の「前立腺がん認知切手」で、男性を象徴するマークが描かれています。

前立腺がんを描いた世界初の切手と思います。




前立腺がん.jpg

タグ:前立腺がん
posted by 血液の鉄人 at 09:04 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
卵60.jpg

フィードメーター - 血液の鉄人の医学切手アラカルト


現在の閲覧者数:


質問や意見および連絡用の掲示板を設置しましたのでご利用下さい。


掲示板

タグクラウド
最近のコメント
刺青による肝炎ウイルス感染について by 血液の鉄人 (04/20)
刺青による肝炎ウイルス感染について by 東京 タトゥー tattoo (04/20)
デング熱感染増加にご注意 by ★ ホ テ ル のフ ロン トで 働 い て る 者 (07/21)
世界初の結核慈善切手 by メグ (07/06)
メンデルと遺伝の法則 by 一ファン (06/23)
商品紹介
RDF Site Summary
RSS 2.0
ダイエットサプリメント

ダイエットの疑問・質問・体験談など、成功に役立つ情報が満載!

ウラマブログ

雑談だけど、手料理、一眼レフなどもあるよ!!

競馬情報

当たる競馬情報が満載の的中予想サイト。

コスプレを楽しむ

イベントで撮影させて頂いた画像をUPしています。

ゴールドカード

今すぐ入会したい憧れのゴールドカード口コミ情報がわかる。

被リンク増やす君
アクセスアップを目指すなら
経済指標発表