無料 無料 無料 ホームページ作り方



2016年06月28日

ショウジョウバエと医学

『マラリア物語』は、一時休ませていただき新たな視点から興味あることを紹介させていただきます。

ショウジョウバエはハエ目・ショウジョウバエ科に属するハエの総称です。

科学の分野ではその内の1種である"キイロショウジョウバエ"を指します。

キイロショウジョウバエは、突然変異を始めとする遺伝学の研究に使われています。

ショウジョウバエを描いた切手は、多くの国々から発行されています。

トーマス・ハント・モーガン(1866-1945)は、アメリカ合衆国の遺伝学者でショウジョウバエの染色体を研究し、『染色体の遺伝機能の発見』による業績で1933年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

彼の弟子のハーマン・ジョーゼフ・マラー(1890-1967)は、ショウジョウバエに対するX線照射の実験で人為的に突然変異を誘発できることを発見し、『X線による人工(突然)変異の発見』による業績で1946年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

切手は1933年マガダスカル発行の「ノーベル賞受賞者切手」で、右側にモーガン、左側にマラーが描かれています。



モーガン.jpg


切手は1989年スウェーデン発行の「ノーベル賞受賞者切手」で、モーガンによるキイロショウジョウバエを使った染色体の遺伝機能が描かれています。




キイロショウジョウバエ.jpg
posted by 血液の鉄人 at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

マラリア物語−7.マラリアの治療薬−

南アメリカ原産のアカネ科の薬用樹木であるキナの樹皮に含まれるアルカロイドのキニーネがマラリアの特効薬として最初に使用されました。

キニーネは第二次世界大戦頃まで多用されましたが、キニーネの構造を元にしたクロロキン・メフロキンなどの人工抗マラリア薬が開発されると、副作用の強いキニーネの使用は激減することになります。

キナの木から木からキニーネを初めて抽出したのは、ピエール・ジョセフ・ペルティエ(1788〜1842)とジョセフ・ベイネミ・カヴァントゥ(1795〜1877)で、1820年のことです。

切手は1970年フランス発行の「キニーネ発見150年記念切手」で発見者二人の肖像とともに、マラリア原虫を殺すキニーネが化学構造式で描かれています。


ペルティ.カヴァントゥ.jpg



切手は1970年ルワンダ発行の「キニーネ発見150年記念切手」で、キナノキの樹皮と花が描かれています。



キナノキ.jpg
posted by 血液の鉄人 at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

マラリア物語−6.マラリアが蚊によって伝幡されることを発見した人物−

イタリア人でパビア大学で医学を学び、動物学および寄生虫学者であったジョヴァンニ・バッティスタ・グラッシ(1854〜1925)は、1898年から1900年にかけて南イタリアで、ある種の蚊がマラリアを媒介することを実験的に証明しました。

しかし、当時はロナルド・ロス(1857-1932)がマラリア原虫の蚊の体内での発育と人体への侵入を発見(1898年)しており、1902年にはこの業績でロナルド・ロスはノーベル生理学・医学賞を受賞していたことからグラッシとロナルド・ロスとの間には激しい論争が展開されましたが、この発見の優先権はロナルド・ロスが得ることになります。

その後、グラッシはロナルド・ロスの発見を実証した功績により、イタリア元老議員に選ばれています。

切手は1955年イタリア発行の「グラッシ死去30年記念切手」で、彼の肖像とともにハマダラカと顕微鏡が描かれています。


グラッシュ.jpg

posted by 血液の鉄人 at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

マラリア物語− 5.世界モスキート・デー −

マラリア物語を再開いたしますのでお付き合い下さい。

「Mosquito Day:世界モスキート・デー」をご存知ですか?

今回は、「Mosquito Day:世界モスキート・デー」を紹介いたします。

ロナルド・ロス(1857〜1932)はインドで生まれたイギリスの病理学者で1892年よりマラリアの研究に従事し、1000匹以上の蚊を調べ、1897年8月20日ラブランが発見していたマラリアの病原体が蚊の胃壁にいることを確認し、更に蚊の唾液腺の中にマラリア原虫を発見し、マラリア原虫の生活史を解明しました。

その後1899年に西アフリカにてマラリアを伝播するハマダラカを発見し、これが感染の原因であることを証明することになります。

これを発見した8月20日は、「Mosquito Day:世界モスキート・デー」と呼ばれています。

「Mosquito Day:世界モスキート・デー」とは、ロナルド・ロスがハマダラカ蚊に刺されることでマラリアが感染することを発見した日にちなんだものです。

8月20日は蚊から感染する病気の伝搬を阻止するイベントが世界中で開催されています。

彼はマラリアに関する一連の研究が認められて、1902年「マラリアの侵入機構とその治療に関する研究」によりノーベル生理学・医学賞を受賞することになります。

切手は1962年スウェーデン発行の「ノーベル賞受賞60年記念切手」で、ロナルド・ロス(右側の人物)が描かれています。



ロス.jpg
posted by 血液の鉄人 at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
卵60.jpg

趣味 - シュミラン
フィードメーター - 血液の鉄人の医学切手アラカルト






質問や意見および連絡用の掲示板を設置しましたのでご利用下さい。


掲示板

タグクラウド
最近のコメント
刺青による肝炎ウイルス感染について by 血液の鉄人 (04/20)
刺青による肝炎ウイルス感染について by 東京 タトゥー tattoo (04/20)
デング熱感染増加にご注意 by ★ ホ テ ル のフ ロン トで 働 い て る 者 (07/21)
世界初の結核慈善切手 by メグ (07/06)
メンデルと遺伝の法則 by 一ファン (06/23)
商品紹介
RDF Site Summary
RSS 2.0
ダイエットサプリメント

ダイエットの疑問・質問・体験談など、成功に役立つ情報が満載!

ウラマブログ

雑談だけど、手料理、一眼レフなどもあるよ!!

競馬情報

当たる競馬情報が満載の的中予想サイト。

コスプレを楽しむ

イベントで撮影させて頂いた画像をUPしています。

ゴールドカード

今すぐ入会したい憧れのゴールドカード口コミ情報がわかる。

被リンク増やす君
アクセスアップを目指すなら
経済指標発表