無料 無料 無料 ホームページ作り方



2017年08月21日

アルコールと肝臓

アルコールを飲用するとおよそ90%が肝臓で分解されます。

体の中に取り込まれたアルコールは、アルコール脱水酵素によってアセトアルデヒドに分解され、その後アセトアルデヒドは無毒な酢酸に分解されます。

このように肝臓は体にとって有害なアルコールを無害なものに変えて体外へ排出させる機能を有しています。

この肝臓の持つアルコールの分解能力は人それぞれ異なります。

肝臓のアルコール分解能力の低い人は、お酒に弱い人で、このような人が沢山アルコールを摂取することは肝臓に大きな負担をかけることとなります。

アルコールは肝臓の細胞を傷つけることから、過度のアルコール摂取は肝臓を痛めつけることとなります。

肝臓の細胞の再生能力は非常に高いために、少々傷ついてもすぐに再生されますが、度重なるダメージを受け続けると肝臓の細胞は壊れていき、再生されなくなります。

アルコールの過度の摂取によるアルコール性肝炎がそれです。

しかし、初期の障害で軽度であればアルコールを控えることによって肝臓の細胞は再生されます。

しかし、アルコールの摂取を止めずに10年、20年と続けているとやがては肝臓の細胞は再生されなくなり死滅していき、やがては肝硬変となります。

肝硬変になると肝臓の細胞はもう再生されることもなく、肝臓は元には戻りません。

肝硬変になるとこの内のおよそ7%が肝がんになるという医学統計がありますが、アルコールを摂取することが即肝がんに結びつきません。

アルコールの摂取過多により肝臓の細胞が壊れ、脂肪肝→アルコール性肝炎→肝硬変→肝がんへと移行していくのです。

1989年にC型肝炎ウイルスが見つかって以降、実は肝硬変の方は大体70%程度がC型肝炎ウイルスを持っていることが分かり、実際はお酒だけが原因となっている肝硬変患者は10〜15%程度だと考えられています。

それではビールをどの程度飲み続けると肝硬変になるのでしょう?

ビール大瓶(633ml)1本というところでしょうか。

一般的には一日に日本酒五合を1週間飲み続けるだけで脂肪肝になるというデータがあります。

これを参考に飲酒することと1週間に1日は必ず休肝日を設けることです。

百薬の長と言われるお酒も過ぎれば毒薬となるということを決めに命じて、お酒を楽しまれることです。

切手は2012年ベルギー発行の「ベルギービール切手」で、美味しそうな各種ベルギービールが描かれています。


ベルギー2012.jpg

切手2014年インド発行の「肝臓移植切手」で、移植される肝臓と移植する医師と患者が描かれています。


sto12_10.jpg
posted by 血液の鉄人 at 06:30 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
卵60.jpg

趣味 - シュミラン
フィードメーター - 血液の鉄人の医学切手アラカルト






質問や意見および連絡用の掲示板を設置しましたのでご利用下さい。


掲示板

タグクラウド
最近のコメント
刺青による肝炎ウイルス感染について by 血液の鉄人 (04/20)
刺青による肝炎ウイルス感染について by 東京 タトゥー tattoo (04/20)
デング熱感染増加にご注意 by ★ ホ テ ル のフ ロン トで 働 い て る 者 (07/21)
世界初の結核慈善切手 by メグ (07/06)
メンデルと遺伝の法則 by 一ファン (06/23)
商品紹介
RDF Site Summary
RSS 2.0
ダイエットサプリメント

ダイエットの疑問・質問・体験談など、成功に役立つ情報が満載!

ウラマブログ

雑談だけど、手料理、一眼レフなどもあるよ!!

競馬情報

当たる競馬情報が満載の的中予想サイト。

コスプレを楽しむ

イベントで撮影させて頂いた画像をUPしています。

ゴールドカード

今すぐ入会したい憧れのゴールドカード口コミ情報がわかる。

被リンク増やす君
アクセスアップを目指すなら
経済指標発表