無料 無料 無料 ホームページ作り方



2010年06月10日

ジェンナーと種痘

エドワード・ジェンナー(1749〜1823)は、イギリスの医学者で、種痘を開発したことは、ほとんどの人か知っていることでしょう。

18世紀のヨーロッパでは100年間に6000万人もの人が天然痘で死亡したという記録があり、当時最も恐れられていた感染症です。

天然痘に感染すると高熱に引き続いて、全身に化膿性の発疹ができ、死亡率は10〜20%で、運良く治った人も醜い痘痕(あばた)面になりました。

天然痘に対する対する予防法としては、18世紀初頭に、天然痘患者の膿疱から抽出した液体を、接種する方法がアラブ世界からもたらせれましたが、この予防法では接種を受けた人のの2割以上が重症化して死亡する危険な方法のため、積極的には行われません出した。

当時、牛痘(牛の天然痘)にかかった人間は、その後天然痘にかからないという農民の言い伝えがあり、実際乳搾りの女性が牛痘にかかれば、以後天然痘には感染しないことが確認されていました。

ジェンナーはこれが天然痘の予防に使えないかと、1778年から18年間の長きにわたって研究を続け、1796年5月14日、ジェームズ・フィップスというジェンナーの使用人の子である8歳の少年に牛痘を接種しました。

結果は、少年は若干の発熱と不快感を訴えたのみ度、重篤な副作用は全く認められませんでした。

そして、6週間後にジェンナーは少年に天然痘を接種したが少年は天然痘にはかからず、牛痘による天然痘予防法が確立されました。

その後の天然痘の大流行を機にジェンナーの種痘法は急速に普及し、彼は「近代免疫学の父」と呼ばれるようになり、その後天然痘ワクチンは改良されて世界で使われ、1980年にはWHOにより天然痘の根絶が宣言され、この地球上から根絶されました。

切手は、1973年アファール・イッサ発行のジェンナー死去150年切手で、彼の肖像とウシと人及び注射器が描かれています。

ジェンナー.JPG
タグ:天然痘
posted by 血液の鉄人 at 19:06 | Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
卵60.jpg

趣味 - シュミラン
フィードメーター - 血液の鉄人の医学切手アラカルト






質問や意見および連絡用の掲示板を設置しましたのでご利用下さい。


掲示板

タグクラウド
最近のコメント
刺青による肝炎ウイルス感染について by 血液の鉄人 (04/20)
刺青による肝炎ウイルス感染について by 東京 タトゥー tattoo (04/20)
デング熱感染増加にご注意 by ★ ホ テ ル のフ ロン トで 働 い て る 者 (07/21)
世界初の結核慈善切手 by メグ (07/06)
メンデルと遺伝の法則 by 一ファン (06/23)
商品紹介
RDF Site Summary
RSS 2.0
ダイエットサプリメント

ダイエットの疑問・質問・体験談など、成功に役立つ情報が満載!

ウラマブログ

雑談だけど、手料理、一眼レフなどもあるよ!!

競馬情報

当たる競馬情報が満載の的中予想サイト。

コスプレを楽しむ

イベントで撮影させて頂いた画像をUPしています。

ゴールドカード

今すぐ入会したい憧れのゴールドカード口コミ情報がわかる。

被リンク増やす君
アクセスアップを目指すなら
経済指標発表