無料 無料 無料 ホームページ作り方



2016年04月12日

マラリア物語−4.マラリア原虫の発見者−

マラリア原虫は1880年、フランスの熱帯病理学者で細菌学者でもあるシャルル・ルイ・アルフォンス・ラヴラン(1845〜1922)によって発見されました。

彼がマラリアを研究対象としたのは、1878〜1883年にかけて軍の赴任先のアルジェリアでマラリアが流行していたからです。

当時マラリアの原因は沼地の悪い空気であると言われ、それが信じられていました。

しかしこの当時マラリア患者の血液を光学顕微鏡で観察すると透明な袋に包まれた黒い粒が赤血球内部に見えることは一部の研究者には知られていました。

1880年、ラヴランは顕微鏡で詳細に観察しこの黒い粒が原生動物であることを発見する事になります。

そして同じマラリア患者から連続的に血液を採血し、原生動物が血球内で成長する様子を記録、最終的には胞子を形成することを観察し、胞子が赤血球を破壊して血液中に放出される時期と患者の体温が急速に上昇する時期が一致することも発見します。

また、ラブランは内臓リーシュマニア症の原因となるドノバン リーシュマニア、ツェツェバエによって感染するアフリカ睡眠病(トリパノソーマ症)なども熱心に研究し、1907年「疾病の発生における原虫類の演ずる役割に関する研究」によりノーベル生理学・医学賞を受賞します。

切手は1953年アルジェリア発行の「ノーベル賞受賞者切手」で、軍服姿のラブランと病院・研究所・兵舎が背景に描かれ、『ノーベル賞、マラリア原虫発見』と左下の氏名の下に添え書きされています。


ラブラン.アルジェリア.jpg


切手は2009年ギニアビサウ発行のものでラブランの肖像とともにトリパノソーマが描かれています。



2009.ギニアビサウ.チャールス・ルイス・アルフォン・ラベラン.jpg
posted by 血液の鉄人 at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
卵60.jpg

趣味 - シュミラン
フィードメーター - 血液の鉄人の医学切手アラカルト






質問や意見および連絡用の掲示板を設置しましたのでご利用下さい。


掲示板

タグクラウド
最近のコメント
刺青による肝炎ウイルス感染について by 血液の鉄人 (04/20)
刺青による肝炎ウイルス感染について by 東京 タトゥー tattoo (04/20)
デング熱感染増加にご注意 by ★ ホ テ ル のフ ロン トで 働 い て る 者 (07/21)
世界初の結核慈善切手 by メグ (07/06)
メンデルと遺伝の法則 by 一ファン (06/23)
商品紹介
RDF Site Summary
RSS 2.0
ダイエットサプリメント

ダイエットの疑問・質問・体験談など、成功に役立つ情報が満載!

ウラマブログ

雑談だけど、手料理、一眼レフなどもあるよ!!

競馬情報

当たる競馬情報が満載の的中予想サイト。

コスプレを楽しむ

イベントで撮影させて頂いた画像をUPしています。

ゴールドカード

今すぐ入会したい憧れのゴールドカード口コミ情報がわかる。

被リンク増やす君
アクセスアップを目指すなら
経済指標発表