無料 無料 無料 ホームページ作り方



2016年11月08日

産褥熱との医師ゼンメルワイス

分娩の際に生じた傷を介して細菌に感染して起こる熱性疾患を総称して、産褥熱(さんじょくねつ)といいます。

かつて産褥熱は、妊産婦死亡の最も重要な原因でしたが、消毒法の発達や化学療法の進歩により激減し、妊産婦死亡の年次推移においても産褥熱による死亡率は極めて低くなってきています。

しかし、産褥熱が猛威を振るい産婦の命を意図も簡単に奪っていた時代がありました。

イグナツ・ゼンメルワイス(1818〜1865)は、オーストリアの医師で産褥熱を無くすることに勢力を傾け塩素水による消毒がこの病気を激減させると主張するも、当時の医学界からは全く相手にされなかった人物です。

ゼンメルワイスは、不潔な医師の手や手術器具を介して産褥熱が引き起こされる事に気づき、丁寧な消毒手洗いを取り入れますが、殆どの医師は彼をあざ笑い従う者はいませんでした。

殆どの医師は、この馬鹿げた消毒をめんどくさく思い、実施することがなかったことから彼自身が強制的に消毒をさせるという手段を講じなければならない状態でした。

めんどくさい消毒を押し付ける彼に対する風当たりは極めて強く、慢性的な苛立ちから常に発作的に怒り出すようになり、温厚で陽気であった人物は憎まれ者の変人に変わってしまうことになります。

その後多難な経験をした後1860年頃、『産褥熱の原因、概念、及び予防法』を出版します。

この本は今までの間違った概念に対する警告を発し、彼は多くの医師が賛同すると考えていましたが、彼に賛同したものはほとんどいなく、このことが彼に更なる打撃を与えることになります。

悲劇は続き、1864年精神的におかしくなり、1865年7月精神病院に入院させられることになります。

長い間の狂乱状態をへて、1865年8月14日に47歳の若さで死亡します。

解剖の結果、麻痺性痴呆症の症状の他に、全身にわたる炎症と化膿が確認され、彼の死因は敗血症とされました。

産褥熱や手術熱をなくするために消毒法を提案し、多くの女性の命を救ったゼンメルワイスが産後・術後の犠牲者と同じ感染症で生命を落としたのは皮肉なことです。

ゼンメルワイスは、産褥熱や手術熱が微生物によって引き起こされることには、気づくこと無く、これらの感染症が微生物によって引き起こされることが発見されるのは、これよりまだ三十年先となります。

切手は1954年ハンガリー発行の「科学者切手」で、ゼンメルワイスの肖像と共に産婦の側で新生児を抱き上げる彼と分娩時の消毒に使用した洗面器が描かれています。


ハンガリー.jpg


切手は1956年西ドイツ発行の「母子擁護募金切手」で、ゼンメルワイスの肖像と共に産褥熱で苦しむ患者とその体温表が描かれています。



西ドイツ.jpg
posted by 血液の鉄人 at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443670241
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
卵60.jpg

趣味 - シュミラン
フィードメーター - 血液の鉄人の医学切手アラカルト






質問や意見および連絡用の掲示板を設置しましたのでご利用下さい。


掲示板

タグクラウド
最近のコメント
刺青による肝炎ウイルス感染について by 血液の鉄人 (04/20)
刺青による肝炎ウイルス感染について by 東京 タトゥー tattoo (04/20)
デング熱感染増加にご注意 by ★ ホ テ ル のフ ロン トで 働 い て る 者 (07/21)
世界初の結核慈善切手 by メグ (07/06)
メンデルと遺伝の法則 by 一ファン (06/23)
商品紹介
RDF Site Summary
RSS 2.0
ダイエットサプリメント

ダイエットの疑問・質問・体験談など、成功に役立つ情報が満載!

ウラマブログ

雑談だけど、手料理、一眼レフなどもあるよ!!

競馬情報

当たる競馬情報が満載の的中予想サイト。

コスプレを楽しむ

イベントで撮影させて頂いた画像をUPしています。

ゴールドカード

今すぐ入会したい憧れのゴールドカード口コミ情報がわかる。

被リンク増やす君
アクセスアップを目指すなら
経済指標発表