無料 無料 無料 ホームページ作り方



2016年11月14日

肝臓とアルコール

肝臓は右の肺下にある重さ1.2kgほどの臓器で、栄養の代謝・有害物の解毒・胆汁に生成を行っている臓器です。

何らかの疾患で肝臓の機能が障害されると、最悪死に至ります。

肝臓は生命の維持に不可欠な働きを日々休むこと無く行っています。

我々がお酒を飲むとアルコール脱水酵素がアルコールをホルムアルデヒドに分解され、その後ホルムアルデヒド脱水酵素の働きによりホルムアルデヒドは尿素に分解されます。

そして尿素はアセチルCoA等の働きにより水と二酸化炭素に分解されて体の外へ排泄されます。

肝臓は体にとって有害なアルコールを無毒化して体の外へ排泄させる重要な働きをしています。

当然アルコールを多く飲めば飲むほど肝臓に与えるダメージは大きくなります。

アルコールやホルムアルデヒドは肝臓にダメージを与えますが、肝臓の再生能力は極めて高いことから過度の飲酒を続けなければ肝臓は直ぐにダメージから立ち直り、働き続けてくれます。

何事も過度の負担は良くないということです。

日々酒を飲み続けて10〜20年と過ごすと肝臓もダメージを受けて修復できなくなり肝硬変になってしまいます。

一度肝硬変になると肝臓の細胞は、破壊されて元に戻ることはありません。

更に悪化すると黄疸が発現し、腹水がたまり、意識障害が出現し最終的死に至ります。

肝硬変になると禁酒は絶対です。

肝硬変になると平均5%の割合で肝臓がんが発生します。

飲酒をしているからと言って必ずしも肝硬変になり、肝臓がんにはなりません。

例えば日々日本酒を五合飲み続ければ、1週間で脂肪肝となり、更に飲酒を続けることにより脂肪肝から肝硬変になるのです。

休肝日をもうけ正しく酒を飲めば肝臓を痛めることはありません。

肝臓を労る酒の飲み方をしたいものです。

切手は2000年イタリア発行の「移植切手」で肺・心臓と共に肝臓が鮮明に描かれています。


イタリア2000移植切手.JPG

切手は2016年日本発行の『日本・ベルギー友好150周年記念切手』10種類の内の1種で
美味しそうなビールが描かれています。


ビール1.jpg
posted by 血液の鉄人 at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443945155
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
卵60.jpg

趣味 - シュミラン
フィードメーター - 血液の鉄人の医学切手アラカルト






質問や意見および連絡用の掲示板を設置しましたのでご利用下さい。


掲示板

タグクラウド
最近のコメント
刺青による肝炎ウイルス感染について by 血液の鉄人 (04/20)
刺青による肝炎ウイルス感染について by 東京 タトゥー tattoo (04/20)
デング熱感染増加にご注意 by ★ ホ テ ル のフ ロン トで 働 い て る 者 (07/21)
世界初の結核慈善切手 by メグ (07/06)
メンデルと遺伝の法則 by 一ファン (06/23)
商品紹介
RDF Site Summary
RSS 2.0
ダイエットサプリメント

ダイエットの疑問・質問・体験談など、成功に役立つ情報が満載!

ウラマブログ

雑談だけど、手料理、一眼レフなどもあるよ!!

競馬情報

当たる競馬情報が満載の的中予想サイト。

コスプレを楽しむ

イベントで撮影させて頂いた画像をUPしています。

ゴールドカード

今すぐ入会したい憧れのゴールドカード口コミ情報がわかる。

被リンク増やす君
アクセスアップを目指すなら
経済指標発表