無料 無料 無料 ホームページ作り方



2017年02月20日

カメとサルモネラ菌

サルモネラ菌は、カメなどの爬虫類が保有していることが多いことが知られています。

爬虫類はサルモネラ菌に感染していても症状を示さないために外見上からは感染の判断はできません。

サルモネラ菌による症状は多彩ですが、一般的症状としては急性胃腸炎を引き起こします。

サルモネラ菌に感染後8〜48時間の潜伏期間を経て発症します。

小児が感染すると稀に意識障害、けいれん及び菌血症を引き起こすことがありますし、高齢者では急性脱水症状及び菌血症により重症化します。

爬虫類の糞便中のサルモネラを検査した結果、驚くべきことに保菌率が50〜90%と報告されています。

子供や高齢者、免疫機能が低下した方がいる家庭等では、爬虫類を飼育することを控えたほうが無難です。

爬虫類の多くはサルモネラ菌を保有していることを念頭に置いて、飼育方法を十分検討する必要があります。

特に子どもたちに人気のミドリガメなどカメ類からの感染には十分気をつける必要があります。
 
余談ですが米国においては、サルモネラによる感染症を防止の観点から、1975年から4インチ(約10cm)以下のミドリガメを含むカメの販売は禁止されています。

カメなどのハ虫類をはじめ、動物を触った後には必ず手指を石けんを用い念入りに洗ってサルモネラ菌の感染から身を守ることが必要です。

特に子供たちには、カメなどの爬虫類を触った後は念入りに手洗いすることを教える必要があります。

切手は1965年スリナム発行の「子供福祉切手」でカメと遊ぶ少女が描かれています。



カメと少女.jpg


この少女も十分な手洗いをする必要があります。
posted by 血液の鉄人 at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447173868
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
卵60.jpg

趣味 - シュミラン
フィードメーター - 血液の鉄人の医学切手アラカルト






質問や意見および連絡用の掲示板を設置しましたのでご利用下さい。


掲示板

タグクラウド
最近のコメント
刺青による肝炎ウイルス感染について by 血液の鉄人 (04/20)
刺青による肝炎ウイルス感染について by 東京 タトゥー tattoo (04/20)
デング熱感染増加にご注意 by ★ ホ テ ル のフ ロン トで 働 い て る 者 (07/21)
世界初の結核慈善切手 by メグ (07/06)
メンデルと遺伝の法則 by 一ファン (06/23)
商品紹介
RDF Site Summary
RSS 2.0
ダイエットサプリメント

ダイエットの疑問・質問・体験談など、成功に役立つ情報が満載!

ウラマブログ

雑談だけど、手料理、一眼レフなどもあるよ!!

競馬情報

当たる競馬情報が満載の的中予想サイト。

コスプレを楽しむ

イベントで撮影させて頂いた画像をUPしています。

ゴールドカード

今すぐ入会したい憧れのゴールドカード口コミ情報がわかる。

被リンク増やす君
アクセスアップを目指すなら
経済指標発表