無料 無料 無料 ホームページ作り方



2017年04月10日

蜂蜜と乳児ボツリヌス症

2017年4月7日、蜂蜜を食べたことが原因で乳児ボツリヌス症により生後6カ月の男児が死亡したと報道されました。

蜂蜜は栄養豊富ですが、1歳未満の子供に与えることは大変危険です。

1歳未満の子供の体内に蜂蜜の中に潜んでいたボツリヌス菌が侵入して増殖、毒素を排出して乳児ボツリヌス症になります。

※蜂蜜全体の約5〜10%にボツリヌス菌の芽胞が検出されたとの報告があります※

乳児ボツリヌス症は、1歳未満の子供にとっては重篤になりやすい危険な病気のひとつです。

乳児ボツリヌス症になると、最初は便秘、続いてボツリヌスの毒素によって消化器官が侵されて食べものが消化ができなくなり、全身に脱力症状が現れてグッタリし、そしてボツリヌスの毒素によって神経麻痺が筋肉に広がると、呼吸すら困難になり最悪の場合死亡します。

全ての蜂蜜の中にボツリヌス菌はいませんが、1歳未満の子供に蜂蜜を食べさせても100%乳児ボツリヌス症にはなりませんが、リスクを犯してまで蜂蜜を食べさせるべきではありません。

ボツリヌス菌は、簡単な調理の加熱では死滅しない耐久性があります。

加熱して調理に使用したとしても、1歳未満の子供には与えてしいけません。

ボツリヌス菌の毒素自体は100度で10分以上加熱しても毒素はなくなりません。

更にボツリヌス菌の芽胞は非常に耐久性が強いのでやはり加熱しても死滅しません。

成人の場合は、加熱殺菌して食べれば腸内の働きもあってボツリヌス菌の影響は受けません。

1歳未満の子供の腸は短く未熟なため、すぐにボツリヌス菌が消化管で死滅されずに吸収されてしまい乳児ボツリヌス症を引き起こしてしまいます。

蜂蜜に含まれるボツリヌス菌は極微量で、大人が食べても何の問題もありません。

従って厚生労働省は、1987年から、"1歳未満の乳児に蜂蜜を与えないよう"指導しています。

1987年以前には、蜂蜜に対する制限が無かったので、離乳食に使っていた場合もありましたが、現在では蜂蜜を離乳食に使用するのも1歳以降に与えるように指導しています。

乳児ボツリヌス菌を発症しやすい時期は、主に生後3週間〜6ヶ月の乳児といわれていますが、1歳になるまでには腸内環境が整うことで、微量のボツリヌス菌では発症することはなくなってきます。

蜂蜜を食べさすのは慌てずに1歳を過ぎてからにしましょう。

切手は2013年ルーマニア発行の「蜂蜜とベリー系フルー切手」のシートではちみつが描かれています。



ルーマニア2013.jpg


切手は2013年ニュージランド発行の「養蜂家協会設立100周年記念切手」で蜂蜜の塊が描かれています。


はちみつ.png


これは巣蜜(コムハニー)のまま、あるいは液体やクリーム状の蜂蜜にして我々の手元に届きます。
posted by 血液の鉄人 at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

モナリザ仮説とは

モナリザ仮説とは、交感神経の活動低下が原因で引き侵される肥満を言います。

生活リズムの乱れなどが原因で交感神経の働きが悪くなりその結果、代謝機能が低下してカロリー過多でなくても太りやすい状態になることを言います。

肥満は交感神経の活動性低下と密接に関係しているとする考え方です。

この仮説は、1991年に米国の肥満研究の世界的権威者ジョージ・ブレイが提唱し、名称は"Most obesity known are low in sympathetic activity"と言います。

『Most obesity known are low in sympathetic activity』の頭文字をとってMONALISAと呼ばれています。

ちなみに、「モナリザ症候群」と呼ばれる症状も存在し、妊娠後期に起こる顔面神経麻痺のことを言います。

モナリザ仮説やモナリザ症候群と言うと、レオナルド・ダ・ビンチの名画モナリザを連想しますが、この絵画とは全く関係はありません。

レオナルド・ダ・ビンチの名画モナリザを描いた切手は、各国から多く発行されていますので、ここではその内の2枚を紹介します。

切手は1974年ハンガリー発行の「アジアへのモナリザ訪問記念切手」で、モナリザが描かれています。


ハンガリー.jpg


切手は1999年フランス発行の「フランス国際切手展記念切手」で、モナリザが描かれています。


モナリザ.フランス.jpg



posted by 血液の鉄人 at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

高齢者とは

日本における高齢者人口は3461万人、総人口に占める割合は27.3%と共に過去最高となっています(2016年9月現在の統計)。

この度日本老年学会・日本老年医学会の"高齢者に関する定義検討ワーキンググループ"において、現在65歳以上を高齢者としているが、この定義が現状に合わないとし、

65〜74 歳を准高齢者

75〜89 歳を高齢者

90 歳〜を超高齢者

としてはどうかと提言しています(2017.1.5)。

このような提言が出てきた背景には現在高齢者といわれている人達が若々しく活動的で

今後共世代を担っていってほしいとの願いもあります。

切手は1949年アイスランド発行の「慈善切手」で、老いても労りながらともに歩む老夫婦を描いています。


アイスランド.jpg


切手は1956年コロンビア発行の「ペレイラ長寿記念切手」で、167歳まで生きた長寿を記念して発行されたものでペレイラの肖像が描かれています。



コロンビア.1956.jpg


切手下部には、『心配せずに、コーヒーを沢山飲み、良いタバコ沢山吸うこと』と、彼が長寿の秘訣を聞かれた時に答えた言葉が記載されています。
タグ:高齢者とは
posted by 血液の鉄人 at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

梅毒トレポネーマとペニシリン耐性

1928年アレキサンダー・フレミング(1881〜1955)は、ブドウ球菌の培養中に誤って混入したアオカビの周囲にはブドウ球菌が生育していないことを発見しました。

フレミングはアオカビを液体培養した後のろ液にも同じ働きがあることを突き止め、アオカビの学名にちなんで"ペニシリン"と命名しました。

ペニシリンが梅毒に効果があることは、1943年に米国の医師ジョン・フレンド・マホニー(1889〜1957)が初めて報告して以来梅毒の治療に使われ続けています。

ペニシリンは使用されてから数年足らずでペニシリン耐性菌が出現しています。

現在も多くのペニシリン耐性菌が報告されています。

しかし梅毒トレポネーマに関しては、60年以上経過した現時点でもペニシリンに耐性を持っていません。

梅毒トレポネーマが何故ペニシリンに対して耐性が出来ないのかは未だに解明されていません。

梅毒トレポネーマがペニシリンに耐性を持たないお陰で梅毒の治療には絶大な力を発揮しています。

切手は1999年チャド発行の「ミレニアム切手」でペニシリンの発見を記念したものです。実験中のフレミングが描かれています。



ペニシリン2.jpg



切手は1978年コンゴ人民共和国発行の「ノーベル賞切手」でアオカビとフレミングの肖像が描かれています。


ペニシリン4.jpg

posted by 血液の鉄人 at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

モーパッサンと梅毒

フランスの自然主義の作家、劇作家のギ・ド・モーパッサン(1850〜1893)は、梅毒に脳を侵され、その結果、精神障害を起こし自殺を図って、それがさらに体を弱らせる、この悪循環に陥り最終的には1892年自殺未遂を起こして、パリ16区パッシーの精神病院に収容され1893年にその病院で死亡しています。

1877年ころから先天的梅毒による神経系の異常を自覚するようになった言われています。

一説には1870年頃に感染したとも言われています。

モーパッサンの代表作は、『女の一生(原題・Une vie)』で当時トルストイにも高く評価されています。

1884年に発表した短編『二十九号の寝台には、梅毒患者の美女の娼婦イルマが普仏戦争でフランスを占領したロシア兵に仇を討つために治療もしないで梅毒を感染させていき、やがては自分も梅毒に倒れることが描かれています、

彼が『ル・オルラ』を執筆した1880年頃には、第三期の進行性麻痺を伴った神経梅毒症状を呈し始めていたようです。

しかし、『ル・オルラ』には梅毒に関する記載は全くありません。

モーパサンは、わが国においても20世紀初期の日本の作家にも影響を与えた作家です。

切手は2000年ブルガリア発行の「著名人切手」でモーパッサンが描かれています。


モーパサン.jpg



切手は1993年フランス発行の「著名作家6人を描いた切手帳」の中の一枚でモーパッサンが描かれています。


モーパサン2.jpg

posted by 血液の鉄人 at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

ノロウイルスとカキ

2017年3月、刻み海苔からのノロウイルスの感染が報道されています。

ノロウイルの海苔からの感染は極めて珍しく、大部分はカキからの感染です。

ノロウイルスは毎年12月〜2月に流行のピークになりますが、2016年は大流行した2006年、2012年に次ぐ勢いで感染が広がっています。

特に2016年、流行しているノロウイルスは、これまでとは異なる遺伝子配列を持っていて、感染力が高まっている可能性があることが指摘されています。

ノロウイルスの猛威は、海のカキにも波及しています。

一部のカキの生産地では、カキからノロウイルスが検出されたため、カキの出荷を休止ししたり、加熱用だけ出荷を再開し、生食用の出荷を停止したりしています。

カキのノロウイルスは、人から排出されたものが原因」と考えられています。

人の便などに含まれたノロウイルスは、下水処理施設では完全に除去できず、川から海に流出し、カキに蓄積されるからです。

カキに限らず二枚貝は、プランクトンを主食としていることから、プランクトンと一緒に漂うノロウイルスも吸い込んで中腸腺という器官に蓄えることから、濃縮されたノロウイルスが存在する場合は、生で食べると感染する可能性が高くなります。

カキは十分加熱すれば安心して食べられます。

仮にカキにノロウイルスが含まれていたとしも、カキの中心部を85〜90度で90秒以上、加熱すればノロウイルスは死滅してしまいます。

ノロウイルスの流行しているこの時期、いくら美味しくても生カキは食べないのが賢明です。

残念ながらノロウイルスを描いた切手は未だ発行されていません。

切手は1974年ベトナム発行のものでカキが描かれています。


カキ.1974.jpg


切手は1994年キューバ発行のもので、成長したカキとそれを収穫する人が描かれています。


カキ.キューバ.jpg
posted by 血液の鉄人 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

イモガイの毒は、人をも殺す・・・本当!!??

貝は美味しく、日本人が昔から食してきました。

しかし貝の中には極めて危険な貝が存在します。

熱帯や亜熱帯の海に、多く分布するイモガイ科の貝がそのひとつです。

わが国では、沖縄・鹿児島、暖流が通る高知県・和歌山県・千葉県などで見かけ、浅瀬から深海までその生息範囲は広く、海岸線の岩場などでもその姿を見かけることがあります。

この種の貝は世界の海には、500種ほどいると言われており、日本だけでも約120種類の仲間が確認されています。

イモガイ科の貝は、すべて毒を有しています。

特に危険なのは魚食性のイモガイです。

その毒は、獲物をとらえて食べるために貝自身が使うわけです。

人がイモガイに遭遇して刺されるのは極めて不幸な事故です。

イモガイらしき貝を見つければ触らないことです。

イモガイ類の毒はコノトキシンという神経毒です。

イモガイに刺された直後は全く痛みを感じず、自覚がないことがほとんどで、その後しばらくして患部に激痛が生じ、続いて痺れ、腫れ、疼き、めまい、嘔吐、発熱といった症状が出現します。

そして視力や血圧の低下、全身麻痺、さらには呼吸不全により最悪の場合死に至ります。

イモガイの毒には抗毒血清がないので、毒が被害者の体内で代謝され無くなるまでなんとか生命を持ちこたえさせることしか救命策はありません。

イモガイの毒は、心筋や中枢神経には影響がありません。

危険な貝ですがその殻が美麗であり、かつ希少とされる種も多いので、コレクションの対象とされています。

切手は、2010年フィリピン発行の「海洋生物の切手」でイモガイが描かれています。



イモガイ.jpg


切手は1971年ケニア発行の「海の軟体生物切手」でイモガイが描かれています。



イモガイ.ケニア.jpg

posted by 血液の鉄人 at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

カメとサルモネラ菌

サルモネラ菌は、カメなどの爬虫類が保有していることが多いことが知られています。

爬虫類はサルモネラ菌に感染していても症状を示さないために外見上からは感染の判断はできません。

サルモネラ菌による症状は多彩ですが、一般的症状としては急性胃腸炎を引き起こします。

サルモネラ菌に感染後8〜48時間の潜伏期間を経て発症します。

小児が感染すると稀に意識障害、けいれん及び菌血症を引き起こすことがありますし、高齢者では急性脱水症状及び菌血症により重症化します。

爬虫類の糞便中のサルモネラを検査した結果、驚くべきことに保菌率が50〜90%と報告されています。

子供や高齢者、免疫機能が低下した方がいる家庭等では、爬虫類を飼育することを控えたほうが無難です。

爬虫類の多くはサルモネラ菌を保有していることを念頭に置いて、飼育方法を十分検討する必要があります。

特に子どもたちに人気のミドリガメなどカメ類からの感染には十分気をつける必要があります。
 
余談ですが米国においては、サルモネラによる感染症を防止の観点から、1975年から4インチ(約10cm)以下のミドリガメを含むカメの販売は禁止されています。

カメなどのハ虫類をはじめ、動物を触った後には必ず手指を石けんを用い念入りに洗ってサルモネラ菌の感染から身を守ることが必要です。

特に子供たちには、カメなどの爬虫類を触った後は念入りに手洗いすることを教える必要があります。

切手は1965年スリナム発行の「子供福祉切手」でカメと遊ぶ少女が描かれています。



カメと少女.jpg


この少女も十分な手洗いをする必要があります。
posted by 血液の鉄人 at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
卵60.jpg

趣味 - シュミラン
フィードメーター - 血液の鉄人の医学切手アラカルト






質問や意見および連絡用の掲示板を設置しましたのでご利用下さい。


掲示板

タグクラウド
最近のコメント
刺青による肝炎ウイルス感染について by 血液の鉄人 (04/20)
刺青による肝炎ウイルス感染について by 東京 タトゥー tattoo (04/20)
デング熱感染増加にご注意 by ★ ホ テ ル のフ ロン トで 働 い て る 者 (07/21)
世界初の結核慈善切手 by メグ (07/06)
メンデルと遺伝の法則 by 一ファン (06/23)
商品紹介
RDF Site Summary
RSS 2.0
ダイエットサプリメント

ダイエットの疑問・質問・体験談など、成功に役立つ情報が満載!

ウラマブログ

雑談だけど、手料理、一眼レフなどもあるよ!!

競馬情報

当たる競馬情報が満載の的中予想サイト。

コスプレを楽しむ

イベントで撮影させて頂いた画像をUPしています。

ゴールドカード

今すぐ入会したい憧れのゴールドカード口コミ情報がわかる。

被リンク増やす君
アクセスアップを目指すなら
経済指標発表