無料 無料 無料 ホームページ作り方



2017年05月15日

ジギタリス

ジギタリスは、APG体系のオオバコ科の属のひとつでゴマノハグサ科に属し、ヨーロッパ原産です。

ジギタリスは別名をキツネノテブクロと呼ばれています。

本種の学名はラテン語で「ゆび」を表すdigitus(デイジタス)に由来します、これは花弁が指サックに似ているためです。

1976年イギリスの植物学者、地質学者、化学者、医師であるウィリアム・ウィザリング(1741〜1799)が、強心利尿剤としての薬効を発見しました。

彼は初めてジギタリスを強心剤として使用することになります。

それ以降鬱血性心不全の特効薬としても使用されていますが、現在ではこの成分は化学的に合成されています。

ジギタリスには、ジギタリス中毒とも呼ばれる副作用があります。

この副作用としては、不整脈や動悸などの循環器症状、嘔気・嘔吐などの消化器症状、頭痛・眩暈などの神経症状、視野が黄色く映る症状(黄視症)などがあります。

残念ながらジギタリスの効能を発見したウィリアム・ウィザリングの切手は、私が知る限りでは未だ発行されていません。

その為今回はジギタリスの切手を紹介します。

切手は1953年ブルガリア発行でジギタリスが描かれています。


ジギタリス.jpg


切手は1957年ユーゴスラビア発行でやはりジギタリスが描かれています。


ジギタリス.1960.東ドイツ.jpg

タグ:ジギタリス
posted by 血液の鉄人 at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

がんと温泉の関係

がん患者が温泉に入ってはいけないというのは、医学的根拠がありません。

がん患者が温泉に入ってはいけないということは、明治19年に内務省衛生局から出された「日本鉱泉誌」に由来しているようです。

この中には、「肺結核、慢性肺炎の末期、壊血病や癌腫のように重症で全治を期待できない者は自宅で静養するのがよい。温泉地へ行くまで体がもたなく、却って命を縮めることになる」、「温泉地へ行くまで体がもたなく、却って命を縮めることになる」と記載されていますが、これは明治時代の交通機関や医療の未発達な時代に当てはまるもので現在には通用しません。

がん治療には温熱療法が効き目があることは医学的に証明されています。

つまりは、悪性度の高いがんは熱に弱いという理由から「温熱療法」が有効である可能性が高いということになります。

放射能泉(ラジウム温泉・ラドン温泉)は「放射線ホルミシス効果」があり、がんへの効果が期待されています。

がんに効果のある温泉としては、秋田県の玉川温泉・鳥取県の三朝温泉・福島県のやわらぎの湯などなど数えれば限がありません。

また、がんの療養として温泉を利用しいる人々が多いことも事実です。

【ご注意】

これらがんに効果のあるとされている温泉は、全てのがんに効き目があるのではないことと、効き目には個人差があることを良くよく注意して利用して下さい。

※効能は万人にその効果を保証するものではありません※


病気の活動期で特に熱のあるとき・活動性の結核・進行した悪性腫瘍又は高度の貧血など身体衰弱の著しい場合・少し動くと息苦しくなる重い心臓又は肺の病気・むくみのあるような重い腎臓の病気・消化管出血・目に見える出血があるとき・慢性の病気の急性増悪期は、感染に入ることは禁忌とされていますのでくれぐれもご注意下さい。

切手は2003年台湾発行「温泉切手シリーズの小型シートで温泉に入浴している人たちを描いています


無台湾2003.jpg
posted by 血液の鉄人 at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

温泉と一般的禁忌症

温泉の一般的禁忌症とは、温泉に含まれる"泉質"や"含有成分"に関係なく、すべての温泉に共通する禁忌症ということです。

要するに禁忌症とは、温泉に入ることによって身体に悪い影響を来す可能性がある病気を言います。

具体的には、「温泉の一般的禁忌症」「泉質別禁忌症」「含有成分別禁忌症」に分類されています。

分かりやすく言いますと、例えば急性疾患(特に熱のある場合)、活動性結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、そのほか一般に病勢進行中の疾患といった注意書きが掲げられています。

これらの温泉に入ることにより症状が悪化する恐れがあれば、当然入泉は控えるべきです。

これらの注意書を熟読し、温泉の持つ効用を十分に理解してぜひとも温泉でリラックスして、体と心の健康を取り戻したいものです。

切手は1956年チェコスロバキア発行の「チェコスロバキア4温泉切手」の中の1枚でピエシチャニー温泉を描いた切手で、入浴する婦人とリウマチ患者の絵が壁に掲げてあるのが描かれています。


チェコ.jpg


因みにこの温泉はリウマチ運動器障害に効き目があるとされています。
posted by 血液の鉄人 at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

生物の分類

生物の分類は、綱(class)、目(order)が用いられていてましたが、カール・フォン・リンネ(1707〜1778)は目の下に属(genus)、種(species)をおき、"綱目属種"の四階に分類しました。

リンネはスウェーデンの博物学者、生物学者、植物学者で、「分類学の父」と称され、同名の息子と区別するために「大リンネ」大リンネとも呼ばれています

リンネの時代には「進化」の概念がなかったため、リンネの分類はあくまでも形態の類似異同の差異による操作に限られる限界が認められます。

リンネは、哺乳類を5目に分類し、第1目を類人猿目とし、ヒトをホモ・サピエンス(Homo sapiens )という学名を付けています。

♂と♀の記号雌雄を区別したのもリンネです。

国際動物命名規約では、リンネが1758年に著した『自然の体系(第10版)』を動物命名学の出発点としています。 

切手は1939年スウェーデン発行の「王立ストックホルム科学アカデミー創立200年記念切手」で、リンネの肖像が描かれています。


リンネ1.jpg


切手は1958年日が東ドイツ発行の「自然の体系出版200年記念切手」で、リンネの肖像が描かれています。


リンネ2.jpg
タグ:生物の分類
posted by 血液の鉄人 at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

人獣共通感染症オウム病

オウムやインコなど鳥のふんを介して感染する"オウム病"に感染した妊婦の死亡者(2016年から2017年にかけて2人)が出たことが、2017年4月9日報道されています。

日本国内においては、1999年から2017年までに388人の感染者があり、内9人の死亡が確認されています。

今回感染が確認された女性は、妊娠24週に発熱のため入院しましたが、意識障害などがみられ、その後死亡しています。

女性の死後、女性の体内からオウム病の原因となるクラミジア・シッタシが検出されています。

妊婦の死亡例は今回が初めてです。

オウム病はオウム病クラミジア(クラミジア・シッタシ:Chlamydia psittaci)によって引き起こされる人獣共通感染症です。

※人獣共通感染症とは、動物からヒトへと感染する病気※

オウム病クラミジアに感染した鳥のふんなどを吸い込むことで人に感染します。

オウム病は本来トリの感染症で、オウム病クラミジアに鳥が感染しても、その鳥には何の出ないことから、鳥が感染しているかどうかはわかりません。

国内での調査によりますと、オウム病の感染源となった鳥類は、60%がオウム・インコ類で、そのうち約3分の1はセキセイインコであったとの報告があります。

オウム病は主にて30〜60歳の成人に発症することが多く、小児の感染は比較的少ないと言われています。

オウム病クラミジアに感染すると1〜2週間の潜伏期の後、急激な高熱と咳嗽で発症します。

症状としては軽症の気道感染・肺炎・髄膜炎などの多様な病態を引き起こします。

重症化すると死に至ります。

オウム病の治療薬としては、テトラサイクリン系薬が第一選択薬で、次にマクロライド系、ニューキノロン系薬を使用します。

ペニシリン系薬やセフェム系薬などのβ‐ ラクタム薬は効き目がありません。

妊娠中は抵抗力が弱くなりますし、また胎児に影響を与える場合もあるので、ペットなど動物との密接な接触は控えるべきでしょう。

オウム病の予防法としては、

1.オウムやインコと口移しをしない

2.一緒の食器やコップを使わない

3.寝室にケージを置かない

4.ケージを毎日掃除し清潔に保つ

5.鳥を触ったあと手は必ず手洗いをする

要するに一定の距離感を保った接し方と、衛生管理を心がけることが、最高の予防法となります。

正しい知識をもって正しく鳥とし接すれば怖い病気ではありません。

仮に感染してしまっても正しい治療を受けて、重症化させなければ治すことは可能です。

無闇に恐れおののいてかわいいペットを捨てないで下さい。

切手は2001年オーストラリア発行の動植物切手「動植物切手」の内の一枚でセキセイインコが描かれています。


2001.jpg


切手は1989年カンボジア発行の「鳥類切手」で、オオムの一種のキバタンが描かれています。


キバタン.jpg



posted by 血液の鉄人 at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

蜂蜜と乳児ボツリヌス症

2017年4月7日、蜂蜜を食べたことが原因で乳児ボツリヌス症により生後6カ月の男児が死亡したと報道されました。

蜂蜜は栄養豊富ですが、1歳未満の子供に与えることは大変危険です。

1歳未満の子供の体内に蜂蜜の中に潜んでいたボツリヌス菌が侵入して増殖、毒素を排出して乳児ボツリヌス症になります。

※蜂蜜全体の約5〜10%にボツリヌス菌の芽胞が検出されたとの報告があります※

乳児ボツリヌス症は、1歳未満の子供にとっては重篤になりやすい危険な病気のひとつです。

乳児ボツリヌス症になると、最初は便秘、続いてボツリヌスの毒素によって消化器官が侵されて食べものが消化ができなくなり、全身に脱力症状が現れてグッタリし、そしてボツリヌスの毒素によって神経麻痺が筋肉に広がると、呼吸すら困難になり最悪の場合死亡します。

全ての蜂蜜の中にボツリヌス菌はいませんが、1歳未満の子供に蜂蜜を食べさせても100%乳児ボツリヌス症にはなりませんが、リスクを犯してまで蜂蜜を食べさせるべきではありません。

ボツリヌス菌は、簡単な調理の加熱では死滅しない耐久性があります。

加熱して調理に使用したとしても、1歳未満の子供には与えてしいけません。

ボツリヌス菌の毒素自体は100度で10分以上加熱しても毒素はなくなりません。

更にボツリヌス菌の芽胞は非常に耐久性が強いのでやはり加熱しても死滅しません。

成人の場合は、加熱殺菌して食べれば腸内の働きもあってボツリヌス菌の影響は受けません。

1歳未満の子供の腸は短く未熟なため、すぐにボツリヌス菌が消化管で死滅されずに吸収されてしまい乳児ボツリヌス症を引き起こしてしまいます。

蜂蜜に含まれるボツリヌス菌は極微量で、大人が食べても何の問題もありません。

従って厚生労働省は、1987年から、"1歳未満の乳児に蜂蜜を与えないよう"指導しています。

1987年以前には、蜂蜜に対する制限が無かったので、離乳食に使っていた場合もありましたが、現在では蜂蜜を離乳食に使用するのも1歳以降に与えるように指導しています。

乳児ボツリヌス菌を発症しやすい時期は、主に生後3週間〜6ヶ月の乳児といわれていますが、1歳になるまでには腸内環境が整うことで、微量のボツリヌス菌では発症することはなくなってきます。

蜂蜜を食べさすのは慌てずに1歳を過ぎてからにしましょう。

切手は2013年ルーマニア発行の「蜂蜜とベリー系フルー切手」のシートではちみつが描かれています。



ルーマニア2013.jpg


切手は2013年ニュージランド発行の「養蜂家協会設立100周年記念切手」で蜂蜜の塊が描かれています。


はちみつ.png


これは巣蜜(コムハニー)のまま、あるいは液体やクリーム状の蜂蜜にして我々の手元に届きます。
posted by 血液の鉄人 at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

モナリザ仮説とは

モナリザ仮説とは、交感神経の活動低下が原因で引き侵される肥満を言います。

生活リズムの乱れなどが原因で交感神経の働きが悪くなりその結果、代謝機能が低下してカロリー過多でなくても太りやすい状態になることを言います。

肥満は交感神経の活動性低下と密接に関係しているとする考え方です。

この仮説は、1991年に米国の肥満研究の世界的権威者ジョージ・ブレイが提唱し、名称は"Most obesity known are low in sympathetic activity"と言います。

『Most obesity known are low in sympathetic activity』の頭文字をとってMONALISAと呼ばれています。

ちなみに、「モナリザ症候群」と呼ばれる症状も存在し、妊娠後期に起こる顔面神経麻痺のことを言います。

モナリザ仮説やモナリザ症候群と言うと、レオナルド・ダ・ビンチの名画モナリザを連想しますが、この絵画とは全く関係はありません。

レオナルド・ダ・ビンチの名画モナリザを描いた切手は、各国から多く発行されていますので、ここではその内の2枚を紹介します。

切手は1974年ハンガリー発行の「アジアへのモナリザ訪問記念切手」で、モナリザが描かれています。


ハンガリー.jpg


切手は1999年フランス発行の「フランス国際切手展記念切手」で、モナリザが描かれています。


モナリザ.フランス.jpg



posted by 血液の鉄人 at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

高齢者とは

日本における高齢者人口は3461万人、総人口に占める割合は27.3%と共に過去最高となっています(2016年9月現在の統計)。

この度日本老年学会・日本老年医学会の"高齢者に関する定義検討ワーキンググループ"において、現在65歳以上を高齢者としているが、この定義が現状に合わないとし、

65〜74 歳を准高齢者

75〜89 歳を高齢者

90 歳〜を超高齢者

としてはどうかと提言しています(2017.1.5)。

このような提言が出てきた背景には現在高齢者といわれている人達が若々しく活動的で

今後共世代を担っていってほしいとの願いもあります。

切手は1949年アイスランド発行の「慈善切手」で、老いても労りながらともに歩む老夫婦を描いています。


アイスランド.jpg


切手は1956年コロンビア発行の「ペレイラ長寿記念切手」で、167歳まで生きた長寿を記念して発行されたものでペレイラの肖像が描かれています。



コロンビア.1956.jpg


切手下部には、『心配せずに、コーヒーを沢山飲み、良いタバコ沢山吸うこと』と、彼が長寿の秘訣を聞かれた時に答えた言葉が記載されています。
タグ:高齢者とは
posted by 血液の鉄人 at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
卵60.jpg

趣味 - シュミラン
フィードメーター - 血液の鉄人の医学切手アラカルト






質問や意見および連絡用の掲示板を設置しましたのでご利用下さい。


掲示板

タグクラウド
最近のコメント
刺青による肝炎ウイルス感染について by 血液の鉄人 (04/20)
刺青による肝炎ウイルス感染について by 東京 タトゥー tattoo (04/20)
デング熱感染増加にご注意 by ★ ホ テ ル のフ ロン トで 働 い て る 者 (07/21)
世界初の結核慈善切手 by メグ (07/06)
メンデルと遺伝の法則 by 一ファン (06/23)
商品紹介
RDF Site Summary
RSS 2.0
ダイエットサプリメント

ダイエットの疑問・質問・体験談など、成功に役立つ情報が満載!

ウラマブログ

雑談だけど、手料理、一眼レフなどもあるよ!!

競馬情報

当たる競馬情報が満載の的中予想サイト。

コスプレを楽しむ

イベントで撮影させて頂いた画像をUPしています。

ゴールドカード

今すぐ入会したい憧れのゴールドカード口コミ情報がわかる。

被リンク増やす君
アクセスアップを目指すなら
経済指標発表