無料 無料 無料 ホームページ作り方



2018年01月01日

2018年新年のご挨拶

恭賀新年

昨年中はご利用いただきありがとうございます。

本年も皆様方のお役に立てる情報を発信していきますので、よろしくご利用お願い申し上げます。

戊年にちなんだ切手をご紹介します。

2012年パラオ発行の切手で、秋田犬(左上)、カネ・コルソ(右上)、ラフ・コリー(右下)、ロットワイラー(右下)が描かれています。


犬の切手.jpg

posted by 血液の鉄人 at 08:20 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

体格指数とは

体格指数(Body Mass Index:BMI)とは体重と身長の関係から人の肥満度を示す指数のことです。

※以下BMIとして解説していきます※

肥満の正確な測定が困難であるため、簡便的にBMIがよく使用されます。

BMIは、ベルギーの数学者、統計学者で社会学者であるアドルフ・ケトレーが統計手法を導入して、人の身長に対して適正体重と実際体重を比較する指数として1835年に提案されました。

ランベール=アドルフ=ジャック・ケトレー(1796〜1874)はベルギーの数学者、天文学者、統計学者で社会学者で、社会学に統計学的方法を導入し、「近代統計学の父」とも称されています。

身長と体重から、簡便に計算されるBMIが使用される理由としては、たいていの人において、体の総脂肪量とよく相関することからです。

体格指数の計算式は世界共通ですが肥満の判定基準は国により異なります。

成人については、世界保健機関(WHO)や米国国立衛生研究所(NIH)や英国国民保健サービス(NHS)では、BMI:25以上を「過体重 (overweight)」、30以上を「肥満 (obese)」と定義しています。

日本肥満学会では、BMI:22の場合を標準体重とし、25以上の場合を肥満、18.5未満である場合を低体重と定義しています。

従来の標準体重などが特に医学的根拠を持たないのに対し、BMIは有疾患率が最も低い点を理想体重と設定していること特徴があります。

切手は2017年ベルギー発行の「ベルギーの医療切手」で、体格指数(BMI)の提唱をしたアドルフ・ケトレーの肖像とともに痩せ型から肥満の体系が描かれています。


ベルギー2017-2.jpg

posted by 血液の鉄人 at 07:48 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

鼠径ヘルニア手術考案者

エドアルド・バッシーニ(1844〜1924)は、イタリア生まれの医師で、1867年のガリバルディの戦いで右鼠径部に銃創を受け、その後鼠径部に難治性の糞瘻が出来、以後悩むことに成ります。

※糞瘻とは、腸管と腹壁とが癒着して瘻孔が出来糞便が漏れる状態※

糞瘻に悩んだ彼は、鼠径部の局所解剖研究に打ち込み、以前からあったヘルニア手術の欠点を見極めて根治的な手術法を考案します。

彼はこの考案した方法であらゆる年齢層100名以上に手術を行い、その後再発のないことを確認しました。

彼はこの方法を1887年イタリア学会で、翌年ナポリで発表しています。

1884年、彼は鼠径ヘルニア手術を考案し現代の鼠径ヘルニア手術を確立したことになります。

彼の考案した手術法は以後少しずつ工夫、発展がなされて現在に至ります。

切手は1977年イタリア発行の「著名人切手」で、晩年のバッシーニの肖像が描かれています。


バッシーニ.jpg
posted by 血液の鉄人 at 06:46 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

ステトスコープ

ステトスコープは聴診器のことです。

聴診器は物体の表面に接触させ、内部から発生する伝導音をチューブで導いて聴く道具です。

ステトスコープは、フランスの医師ルネ・ラエンネック(1781〜1826)が1816年に子供が木の棒の端に耳をあてて遊んでいるのを見て、聴診器のメカニズムを思いつき発明しました。

ラエンネックがステトスコープを発明するまでは、直接皮膚に耳を当てて音を聴いたり、触診や打診によって心臓疾患などの病状を直接的に診察していました。

ラエンネックは、聴診器による聴診を"間接聴診法"と名付け、その精度は従来の診察法より遙かに確実であったことから、大きな反響を呼ぶことになります。

ラエンネックの発明した聴診器は、1本の筒形の木でできた単純なものでした。

その後改良が加えられて現在の聴診器が完成します。

ステトスコープは、発明後医師のシンボルとされていました。

切手は2016年マケドニア発行の「聴診器発明200年記念切手」でラエンネックが発明した聴診器と現代の聴診器とラエンネックの肖像が描かれています。


マケドニア.2016.jpg
posted by 血液の鉄人 at 10:33 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

自閉症について

自閉症は1943年、アメリカの児童精神科医のレオ・カナー(1894〜1981)によって初めて報告されました。

1960年代以来、自閉症の発症率は1万人に4〜5人という数値が定説でしたが、近年、自閉症の診断を受ける幼児の数は急増しています。

はっきりとした増加の原因は分かっていませんが、2008年米国の疾病管理予防局(Centers for Disease Control and Prevention; CDC)は、自閉症と診断された子どもの率は88人に1人と報告しています。

世界的には自閉症を持つ人は2170万人程度存在し、世界的にみて1000人あたり約1〜2人が自閉症を持っていると言われています。

統計的には国際的に増加傾向にありますが、これはただし自閉症が増加しているのではなく、自閉症が広く認知されるに至って、従来診断されなかった軽度のものも含まれるようになってきているからと考えられています。

自閉症有病率は、日本では1000人に1〜3人と言われていますが、現実はどこまでを自閉症の範囲とするかによって発生率は大きく異なってきます。

自閉症の男性と女性の比率は4:1程度と言われています。

自閉症とは、一般的に先天性の疾患であると言われており、何らかの要因によって脳に障害が起こったものと考えられています。

自閉症は生まれつきの中枢神経系の機能障害で、3歳までには何らかの症状が見られると言われています。

その症状としては、特定の物に強いこだわりが見られたり、コミュニケーションを目的とした言葉が出ないなどといった行動特徴が現れます。

自閉症は心の病気という誤った印象をもたれがちですが、自閉症は心の病気ではありません。

要するに自閉症とは、先天的な脳の中枢神経の機能障害で、自分を取り巻く様々な物事や状況が、普通の人と同じようには脳に伝わらないことから対人関係の問題やコミュニケーションの困難さ、特定の物事への執拗なこだわりを呈するという障害なのです。

切手は2017年クロアチア発行の「自閉症切手」で、独自の世界観を持つ自閉症の子供が描かれています。


クロアチア自閉症.jpg

タグ:自閉症
posted by 血液の鉄人 at 07:44 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

世界献血者デー

世界献血者デー(World Blood Donor Day)は、世界保健デーや世界結核デー、世界免疫週間、世界マラリアデー、世界禁煙デー、世界肝炎デー、世界エイズデーと共に世界保健機関(WHO)により執行される公的なグローバル・ヘルス運動8つの内の一つです。

世界献血者デーは、毎年6月14日に世界中の国々で開催されています。

2004年に始まった世界献血者デーは、安全な血液や血液製剤の為の需要の認識を高め自発的な血液の救命的な提供を献血者に感謝することを目的としています。

世界献血者デーは、ABO式血液型の発見でノーベル生理学・医学賞を受賞したカール・ラントシュタイナー(1868〜1943)の誕生日である6月14日に、世界の多くの国々で毎年開催されています。

2017年の「世界献血者デー」のテーマは、“Give blood. Give now. Give often.(今そしてこれから先も、愛の献血を)”です。

これは献血をすることによって誰もが、緊急時に人を救う存在になれることを表現しています。

切手は2004年アルジェリア発行の「世界献血者デー記念切手」で、円の中に輸血用血液と人から人への輸血を描くことによって献血を推進しています。


世界献血者デー.2004.アルジェリア.jpg


切手は2004年スリランカの「世界献血者デー記念切手」で、地球の中に両手で献血者と一滴の血液(輸血用血液を表現)を支えることよって献血を推進しています。


世界献血者デー.2004.スリランカ.jpg
posted by 血液の鉄人 at 07:18 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

体外受精

体外受精(in vitro fertilization, IVF)とは不妊治療のひとつで、通常は体内で行われる受精を体の外で行う方法を言います。

体外受精はイギリス出身の生物学者であるロバート・ジェフリー・エドワーズ(1925〜2013)が生みの親です。

2010年、ロバート・ジェフリー・エドワーズは、『体外授精技術の開発』の業績によりノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

彼とパトリック・ステプトーは、1978年に世界で初めての体外受精に成功し、女の子が誕生しています。

世界初の体外受精で生まれた女の子の名前は、ルイーズ・ブラウンと名付けられています。

その後、ステプトーとエドワーズは世界で初めての体外受精クリニック「ボーンホール・クリニック」を設立しています。

体外受精の確立により不妊に悩む夫婦が子供を得る新たな道を切り開いた事になります。

わが国においては、1983年に東北大学の鈴木雅洲(1921〜2015)らが成功して以来、約60000人が生まれたと言われています。

切手は2011年中央アフリカ発行の「ノーベル賞受賞者小型シート」で、切手にはロバート・ジェフリー・エドワーズと体外受精の様子が描かれています。



.jpg

タグ:体外受精
posted by 血液の鉄人 at 07:47 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

種痘についてー3.フランス・オランダ・スイスでの人痘接種法ー

オランダの医師ブルーハーヴェ(1668〜1738)の門人であるスイスのテオドール・トロンシャン(1709〜1781)は、1748年に自分の子供に人痘接種を行っていますが、これがオランダにおける最初の人痘接種です。

そして1749年にはスイスで、更に1750年にはフランスで人痘接種を行っています。

テオドール・トロンシャンは文豪ヴォルテール(1694〜1778)や哲学者ジャン=ジャック・ルソー(1712〜1778)の主治医で、フランスでは3万人以上に人痘接種を行い成功を収めています。

彼は『百科全書』の項目:inoculation を書き、ここに種痘に関する当時の医学にもとづく技術情報が記されています。

ヴォルテールが人痘接種を宣伝したのは、彼自身が天然痘に感染し九死に一生を得たからです。

残念ながらテオドール・トロンシャンの切手は発行されていません。

ここでは人痘接種の宣伝をしたヴォルテールとその賛同者のルソーの切手を紹介します。

切手は1949年フランス発行の「著名人シリーズ切手」でヴォルテールの肖像が描かれています。


ヴォルテール.jpg


切手は1962年ソ連発行の「ルソー生誕250年記念切手」でルソーの肖像が描かれています。


ルソー.ソ連.jpg

posted by 血液の鉄人 at 07:29 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
卵60.jpg

フィードメーター - 血液の鉄人の医学切手アラカルト






質問や意見および連絡用の掲示板を設置しましたのでご利用下さい。


掲示板

タグクラウド
最近のコメント
刺青による肝炎ウイルス感染について by 血液の鉄人 (04/20)
刺青による肝炎ウイルス感染について by 東京 タトゥー tattoo (04/20)
デング熱感染増加にご注意 by ★ ホ テ ル のフ ロン トで 働 い て る 者 (07/21)
世界初の結核慈善切手 by メグ (07/06)
メンデルと遺伝の法則 by 一ファン (06/23)
商品紹介
RDF Site Summary
RSS 2.0
ダイエットサプリメント

ダイエットの疑問・質問・体験談など、成功に役立つ情報が満載!

ウラマブログ

雑談だけど、手料理、一眼レフなどもあるよ!!

競馬情報

当たる競馬情報が満載の的中予想サイト。

コスプレを楽しむ

イベントで撮影させて頂いた画像をUPしています。

ゴールドカード

今すぐ入会したい憧れのゴールドカード口コミ情報がわかる。

被リンク増やす君
アクセスアップを目指すなら
経済指標発表