無料 無料 無料 ホームページ作り方



2021年02月27日

がん検査プログラム

がんは早期発見で治癒する確率が非常に高いことから、昭和57年度から市区町村が主体となりがん検診を行っています。

対策型検診としては、以下の5種類があります。

1.胃がん検診

2.大腸がん検診

3.肺がん検診

4.乳がん検診

5.子宮頸がん検診

【対策型検診】

がん死亡率の減少を目的として、有効性が確立された検査方法で実施され、公的な予防対策として行われる検診のため、費用は無料か少額の自己負担で済みます。

受ける頻度としては、肺がんと大腸がん検診は1年に1回、胃がん・子宮頸がん・乳がん検診は2年に1回受けることが推奨されています。

がん検診メリットとしては、やはりがんが進行していない状態で発見することが出来、早期発見、早期治療で治癒が可能となることです。

しかしいくら検診を受けても、がんが見つけにくい場所にあったり、見分けにくい形をしている場合には発見できない事があり、検査の精度は100%ではありません。

2020年スロベニアからがん検査プログラム切手が発行されていますので紹介いたします。

○子宮頸がん検診切手

子宮を手で形どる女性の後ろにOKと親指を立てる女医が描かれています。



子宮頸がん.カロベニア-1.2020.jpg



○乳がん検診切手

胸を強調した女性の後ろでOKと親指を立てる女医が描かれています。



乳がん.スロベニア-2.2020.jpg


○大腸がん検診切手

お尻を強調した男性の後ろでOKと親指を立てる医師が描かれています。



大腸がん.スロベニア-3.2020.jpg
posted by 血液の鉄人 at 08:15 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

忠犬ハチ公没後85年

今回の記事は医学切手と直接関係ありませんが、珍しい切手を手に入れたのでご紹介します。

2020年は、ハチ公が死んで85年に当たります。

忠犬ハチ公のことは殆どの日本人は知っていますが、2020年が忠犬ハチ公没後85年にあたることをほとんどの日本人は知らなかったと思います。

私もこの切手を手に入れて初めて知りました。

インドとスリランカの南西に位置する場所にある島国のモルディブ共和国から2020年7月「忠犬ハチ公没後85年切手」が発行されていました。

この切手には、忠犬ハチ公の舞台になった日本(Japan)という国名もなく、飼い主でもあった東京帝国大学農科大学教授上野英三郎(現在の東京大学)の名前もありません。

ただHachik?という名前だけ描かれています。

このことはいかに忠犬ハチ公がHachik?として世界的に知られているということになります。

最初の小型シートには、渋谷駅らしき場所で上野教授を待つハチ公(切手上)、渋谷駅で長い間待ち続けて薄汚れたハチ公(切手中央)、渋谷駅で待つハチ公(シート下の右)、仕事から帰ってきた上野教授(おそらく上野教授でしょう)に喜んで飛びつくハチ公が描かれています。

ハチ公没後85年.2020.モルディブ.jpg



次の小型シートの切手面には、渋谷駅で長い間待ち続けて薄汚れたハチ公、シート面には仕事から帰ってきた上野教授(おそらく上野教授でしょう)に喜んで飛びつくハチ公が描かれています。

ハチ公.2020.モルディブ-2.jpg


【追加加話】

ハチ公は10年間渋谷駅で上野教授を待ち続けてついに会えませんでしたが、ハチ公が死んで80年後(ハチ公の命日の3月8日)やっと上野教授に会うことが出来ました。

90年ぶりの再会です。

2015年ハチ公死去80年に東京大学農学部弥生キャンパスに忠犬ハチ公と飼い主の上野教授が再会するシーンを描いた銅像が建てられました。

現実の世界で上野教授に会えなかったハチ公は、死後80年の長い時間を経て再開できたのです。

上野博士と会えて喜ぶハチ公のほほえましい姿を見ることが出来ます。

『ハチ!やっと会えたねぇ!』と上野博士が嬉しそうにハチ公語りかけ、それに答えて喜ぶハチの姿がリアルに表現されています。

見て思わず涙がこぼれました。

上野博士も90年ぶりのハチ公との再会は、さぞかし嬉しいことでしょう。

上野博士とハチ公再会.jpg
posted by 血液の鉄人 at 15:47 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

ミトコンドリア病とは

ミトコンドリアは、細胞の中に存在していてエネルギーを作り出す働きをしています。

このミトコンドリアの働きが低下すると、細胞の活動が低下してしまいます。

ミトコンドリアの働きが低下するすることによって起こる病気を総称してミトコンドリア病と言います。

筋力低下や痙攣・心臓疾患など様々な症状が発現しますが、根本的な治療法はありません。

2018年日本国内での患者数は、およそ1400人で、難病に指定されています。

この病気の多くはミトコンドリアの働きを低下させる遺伝子を持つことで起こりますが、薬の副作用でミトコンドリアの働きが低下して起こる場合もあります。

ミトコンドリアの遺伝子情報は母親から遺伝することから、この病気の母親から生まれた子供には遺伝する確率が非常に高くなります。

2021年度には患者の受精卵の核を取り出し、正常なミトコンドリアを持つ第三者の受精卵から核を除去して、そこに患者の受精卵を移植する"核移植"の基礎研究が解禁されることから、新たな治療の密筋が開けると期待されています。

切手は1967年日本発行の「第7回国際生化学会議記念切手」で、ミトコンドリアとタンパク質の模式構造図が描かれています。


ミトコンドリア.日本.1967.jpg
posted by 血液の鉄人 at 07:53 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

目と眼の文字の用い方の区別

『目』と『眼』という漢字は、どちらも『め』と読みますが、使用する場面は異なります。

一般的には『目』と『眼』の漢字はどのように使い分けるのか、分かりにくいのが現実です。

それではその使い分けについて解説いたします。

要するに『目』は、まぶた・目頭・目じりも含めた目の周り全体を指します。

そのことからして顔のパーツを表す範囲も、言葉の意味的な範囲も、使われ方の範囲も広いのが特徴です。

例えば、目頭・目尻・台風の目・魚の目・木目・注目・何番目といった場合です。

『目』は『眼』に比べると使われ方の範囲が広いということです。

※肉体的なこと以外の『目』については「『眼』に置き換えることはできません※

それでは『眼』はどの様な場合に使われるのでしょうか?

『眼』は、眼球だけを指す漢字なのです。

そのために日常会話に登場することは少なく、医学・生理学・生物学などの専門分野における用語として使われることが一般的です。

例えば、千里眼・心眼・眼科・眼圧・眼底・眼光・点眼・眼鏡・双眼鏡・など。

要するに、『眼』は、ものごとの本質を見抜く力、見極める力など、人間の洞察力を意味しています。


切手は1978年ウガンダ発行の「世界高血圧月間記念切手」で、高血圧の人の眼底が描かれています。



高血圧眼底.1978.ウガンダ.jpg


切手は1970年メキシコ発行の「第19回国際眼科学会念記念切手」で、眼球の断面図が描かれています。



眼球断面図.メキシコ.1970.jpg



切手は1981年コスタリカ発行の「コスタリカアイバンク創立記念記念切手」で、目頭・目尻の目全体が描かれています。



目.コスタリカ.1981.jpg
posted by 血液の鉄人 at 08:14 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月30日

2021年の節分は2月2日!!

節分は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことを意味しています。

一般には毎年2月3日と思われていますが、常にそうではなく1984年までは4年に1度の閏年に2月4日で、1985年から2020年までは2月3日でしたが、2021年からは閏年の翌年に2月2日になります。

従って2021年の節分は2月2日になります。

実は節分は固定ではなく「立春の前日」というルールがあることからして、2021年の立春は2月3日となることから、節分が2日になります、これは124年ぶりなんです。

節分には、邪気を追い払うためとして、古くから豆撒きの行事が執り行われています、私の子供の頃や自分の子供が小さいときには豆まきを毎年していましたが、子供の成長とともに行わなくなり、一般的にもこの風習は廃れつつあります。

ここ近年では、節分の夜に、恵方に向かって願い事を思い浮かべながら丸かじりし、言葉を発せずに最後まで一気に食べきると願い事がかなうとのいわれから、巻きずしを丸かぶりすることが多くの過程で行われています。

この風習の言われや発症は不明です。

2021年の恵方(方角)は、南南東のやや南とのことです。

切手は1963年日本発行の「年中行事切手の節分」で、豆まきをする子供とオニに扮した子供が逃げる光景が描かれています。



節分.jpg



切手は2017年日本発行の「和の食文化シリーズ 第三集 生活に根ざした米料理のシール式切手」で、太巻き(巻きずし)が描かれています。



太巻き.jpg
posted by 血液の鉄人 at 07:49 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

世界保健機関の光と闇

世界保健機関(英語 WHO:World Health Organization、フランス語 OMS:Organisation mondiale de la sante)は、1948年設立され人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関のひとつです。

WHOの功績の中で最も輝かしいものは、天然痘の撲滅に成功したことです。

その他ポリオ・結核・マラリアなどの制圧に向けて精力的に活動していることは認められます。

しかし反面世界保健機関には、いくつかの問題点も指摘されています。

2009年から2010年にかけて、"豚由来の新型インフルエンザ"がヒトにも感染し、世界各地に拡大した際、世界保健機関は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と認定し、2010年6月には警戒水準を「フェーズ6」に引き上げ、「パンデミック(世界的な流行)」の発生を宣言しました。

しかしインフルエンザは爆発的な流行はせず、結果的に被害も通常のインフルエンザと大差ないものにとどまりました。

この結果EUの主要機関のひとつである「欧州議会」から、世界保健機関の意思決定に製薬会社の意向が大きく影響した可能性があると指摘されたのです。

世界保健機関は"豚由来の新型インフルエンザ"がパンデミックを引き起こすとして製薬会社や科学者と連携し、「新型インフルエンザ」のワクチン開発に取り組み、治療のためには「2回のワクチン接種が必要」と発表し、各国もこれにもとづいてワクチンを調達しました。

しかし実際は、ワクチンは1回の接種で十分な効果をあげることが判明して、世界保健機関が製薬会社や科学者と癒着していて、それが一連の動きに悪影響をおよぼしたと考えられました。

次に2020年に流行した「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」に関しても、世界保健機関は発生源である中国から多額の資金拠出を受けていることから、対策が後手に回ったのではないかと批判する声もあがっています。

実際「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」に関しては、その対策は後手後手になっていることは否定できません。

これらのことからしてWHOはさまざまな利害関係のうえに成り立っていて、その活動が完全に公正であるとは言い切れない問題点が存在していると専門家や各国政府要人から指摘されています。

切手は1966年ギリシャ発行の「世界保健機関本部発足切手」で、1966年当時の世界保健機関の本部が描かれています。

WHO本部1966.ギリシャ.jpg

切手は1995年スイス発行の「世界保健機関切手」で、世界保健機関ロゴマーク(国連のシンボルマークの上にアスクレピオスの杖が描かれている)と代表国語による世界保健機関の文字が描かれています。

WHOロゴマーク..1995.スイス.jpg
posted by 血液の鉄人 at 07:43 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月16日

ソーシャルディスタンスとフィジカルディスタンスについて

新型コロナウイルスの流行を受けて、世界保健機関や各国政府は感染対策としてある一定の社会的距離を保つということでソーシャルディスタンスを提唱してきました。

また最近では世界保健機関は、新型コロナウイルス感染対策として物理的身体的距離を保つという意味で、フィジカルディスタンスを推奨しています。

それでは、ソーシャルディスタンスとフィジカルディスタンスの違いとは何なんでしょうか??

【ソーシャルディスタンスとは】

そもそもソーシャルディスタンスとは、日本語訳で「社会的距離」となりますが、新型コロナウイルス感染予防を意識した距離感のことを言います。

即ち飛沫感染や接触感染を防ぐ意味合いから、一定の距離感を保つよう呼びかけることで、社会全体が感染しない環境を作っていこうとする取り組みとなっている訳なのです。

このことは次第に社会にも浸透し、現在では街のいたるところでソーシャルディスタンスを意識した対策が行われています。


【フィジカルディスタンスとは】

ではフィジカルディスタンスとはどう言うことなのでしょうか?

物理的にある一定の距離を保つことで、新型コロナウイルスに感染することを防ぐ効果があるとされており、その具体的な距離としては2mと言われています。

実際に距離をとってみるとかなりの距離感を感じるものです。

この2mの距離をとるとなるとかなりの違和感があるはずです、それほど世界保健機関は慎重に予防対策をしていこうということを知ることができます。

現在ソーシャルディスタンスの浸透率は非常に高いですが、後から提唱されたフィジカルディスタンスまだまだ社会的には浸透していません
フィジカルディスタンスとの付き合い方とは

フィジカルディスタンスは、長い新型コロナウイルスとの戦いを配慮した世界保健機関が推奨する言葉です、 ソーシャルディスタンスは社会的に浸透していますが、このフィジカルディスタンスはまだまだ社会的には浸透していないのが現実ですが、 これからも続くと思われる新型コロンウイルスの流行を乗り切るためにも、あまり聞き慣れない言葉かも知れませんがこれから使用するにつれて違和感なく 使用できると考えられます。 フィジカルディスタンスを意識して新型コロナウイルスの流行に耐え乗り切っていきましょう。
フィジカルディスタンスによって新型コロナウイルスを乗り切りましょう!!

日本でよく使われている、2m以上の対人距離を呼びかける「ソーシャルディスタンス」(社会的距離)という言葉は、 「人とのつながりの減少により社会的孤立が生じる」恐れがあることから、世界保健機関(WHO)では「身体的、物理的距離」を意味する「フィジカルディスタンス」に言い換えるよう推奨しています。

そしてこの緊急事態に冷静さをなくして見落としがちな重要な学術的視点を提供している訳です。

フィジカルディスタンスを意識して新型コロナウイルスの流行に耐え乗り切っていきましょう。


切手は2020年仏領ポリネシア発行の「COVID-19の認識切手」で、ポリネシアの民族衣装と同じ図柄のマスクをして感染しないように距離(ソーシャルディスタンス)を保つ女性が描かれています。




ポリネシア.42.jpg



切手は2020年ツバル発行の「新型コロナウイルス4種連刷切手」の1枚で社会的に距離を置く(ソウシャルディスタンス)が描かれています。




48.ツバル.2020−C.jpg




残念なことに2021年1月時点では、フィジカルディスタンスを描いた切手は未だ発行されていません。
posted by 血液の鉄人 at 08:00 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月09日

新型コロナウイルス流行を内部告発した悲劇の医師李文亮

李 文亮(り ぶんりょう:1986年〜2020年2月7日)は、中華人民共和国の眼科医で、2019年新型コロナウイルスによる肺炎の流行の時、医療関係者として内部告発した最初の数人のうちの1人でこの肺炎の犠牲者の1人です。

2019年12月30日午後、勤務先の病院である患者からSARSコロナウイルスが検出された検査結果を見つけたため、同日午後5時43分に大学の同級生らのWeChatグループで「華南海鮮市場で7人のSARS感染者が確認された」と発信し、その直後に患者の検査結果と肺のCT検査の写真も送付しています。

彼のこの報告は中共上層部の怒りをかい「インターネット上で虚偽の内容を掲載した」として、2020年1月3日に武漢市公安局武昌区分局の中南路派出所に呼び出され、そこで懲戒書への署名を求められ、訓戒処分を下されました。

彼はその後も引き続き武漢市中心医院で働き新型コロナウイルス流行への対応にあたっていたが、自身も新型コロナウイルスに感染し、2020年1月12日から入院生活を送ることとなった。

入院中の1月31日、ようやくSNSで懲戒書をアップロードし、警察に呼び出された経過を詳しく世間に知らしめました。

2020年2月6日夜に、中国国内の複数のメディアは李文亮が武漢市内の病院で亡くなったと報道しました。

2020年2月7日2時58分に、勤務先の武漢市中心医院は李文亮の死去を発表しました享年34歳でした。

訓戒の際と特にその後の死の際、中共政府は国民や海外からの猛反発を受けることになります。

原因不明の肺炎の発生に警鐘を鳴らしたつもりが、逆に処分の対象になり、訓戒を受け、そして自ら新型コロナウイルスに感染し死亡したこの医師に対し、中共政府の調査チームが「処分は不当だった」と結論を出し、2020年3月5日、新型肺炎の抑制に模範的な役割を果たしたとして中共政府は表彰することになります。

切手は2020年ジブチ発行の「新型コロナウイル発見小型シート」で、上部切手には新型コロナウイルスを背景に警告者の李文亮医師の肖像、シート地には中国武漢からのウイルス拡散と新型コロナウイルスを含む血液が試験管からこぼれ、こぼれた血液がドクロを描いています。




ジブチ.34.jpg


posted by 血液の鉄人 at 08:07 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする