無料 無料 無料 ホームページ作り方



2021年03月27日

招き猫

招き猫は、前足で人を招く形をした猫の置物で、猫は農作物や蚕を食べるネズミを駆除するため、古くは養蚕の縁起物であったそうですが養蚕が衰退してからは商売繁盛の縁起物とされて民間に伝わっています。

招き猫は右手を上げているものと、左手を上げているものがありますが、これはどの様な意味を持っているのでしょうか?

・右手を上げている猫

金運を招くと言われています。

・左手を上げている猫

お客を招くとされています。

・両手を上げている猫

欲張りすぎると、お手上げ万歳になるとと嫌う人が多いのであまり歓迎されていません。
上げている手の高さによっても意味があり、耳よりも上まで手が上がっているものを「手長」、耳よりも下に控えめに手を上げているものを「手短」と呼び、手が長く伸びているほど遠くの福や大きな福を招き、短いものは身近な福やささやかな幸せを招くとされているようです。

一般的に招き猫は、三毛猫が多いようですが近年では、地の色が伝統的な白や赤、黒色の他に、ピンクや青、金色のものもあり、色によっても青は「学業向上」や「交通安全」、ピンクは「恋愛」、白は「開運招福」を意味し万事に福をもたらすなど意味が異なるようです。

黒い猫は、夜でも目が見えるなどの理由から、「福猫」として魔除けや幸運の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つと言われています。

赤色は疱瘡や麻疹が嫌う色との言い伝えがあり、赤い招き猫は病除けの意味を持つとのことです。

また近年では、恋愛運や金運など御利益ごとにピンクや金色などカラフルな招き猫も登場しています。


切手は2003年日本発行の「グリーティング切手」の中の1枚で右手を上げた招き猫が描かれています。


招き猫.2003.日本.jpg



切手は2020年ガンビア発行の「招き猫四面小型シート」で、右手と左手を上げている招き猫が描かれていますが、両手を上げた招き猫は描かれていません。


招き猫.四面シート.2020.ガンビア.jpg


切手は2020年ガンビア発行の「招き猫小型シート」で、左手を上げている黄金の招き猫が描かれていますが、やはり両手を上げた招き猫は描かれていません。


黄金の招き猫.2020.ガンビア.jpg
タグ:招き猫
posted by 血液の鉄人 at 15:40 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする