無料 無料 無料 ホームページ作り方



2021年12月31日

出来事切手−1.1960年代の出来事−

ペインから世界の出来事切手が発行されていますが、医学に関係ある話題を取り上げた切手を紹介させていただきます。

第1回目は、1960年代の出来事を取り上げています。

切手は2017年スペイン発行の「1960年代年の出来事変形切手」で、1968年5月フランス動乱(左上)、世界初の心臓移植(右上)、ジョン・F・ケネディ暗殺(左下)、月面着陸の足跡(右下)が描かれています。



1960年代の出来事.スペイン.2017.jpg



【フランス動乱】

1968年5月に起きたフランスのパリで行われたゼネストを主体とした学生の主導する労働者、大衆の一斉蜂起とそれに伴う政府の政策転換を指し、五月危機とも言われフランス語では"Mai 68"、英語では"May 68"と表記する。

【世界初の心臓移植手術】

1967年12月、南アフリカ共和国のケープタウンのグルート・スキュール病院でクリスチャン・N・バーナード(1922〜2001)が行ったのが世界最初である。

【ジョン・F・ケネディ暗殺】

1963年11月22日金曜日(現地時間12時30分)にテキサス州を遊説中の第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディ(1917〜1963年11月22日)がダラス市内をパレード中に銃撃され死亡した事件。


【月面着陸の足跡】

ニール・アームストロング船長とバズ・オルドリン月着陸船操縦士の2名のアメリカ人が、1969年7月20日20時17分にアポロ月着陸船アポロ11号(イーグル号)を月に着陸しました。

アポロ11号のニール・アームストロング船長の右足と月面に残った足跡。
posted by 血液の鉄人 at 09:12 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月25日

新型コロナウイルス関連切手展

公益財団法人日本郵趣協会登録長崎支部が、2021年10月7日から22日までの2週間『新型コロナウイルス感染症撲滅祈念切手展』を開催しました。

その時作成されたフレーム切手貼りの初日カバーです。

マスクを付けた男性が持つ注射器にダメージを受けた新型コロナウイルスが突き刺さっています。

記念印とカバーのカシェのデザインも切手と同様です。

記念印は、長崎中園郵便局(〒852-8155 長崎県長崎市中園町10-4)で開催された『新型コロナウイルス感染症撲滅祈念切手展(開催期間2021年10月07日(木)〜2021年10月22日(金))』のために使用されたものです。

このような切手展が開催されて、切手や記念印が出されることはとても嬉しく思います。


コロナ感染撲滅切手展.jpg
posted by 血液の鉄人 at 08:04 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月18日

フグと豊臣秀吉と伊藤博文との関係

フグの美味しい季節になってきました。

フグは古来から日本人に好まれて食べ続けられてきましたが、 豊臣秀吉(1536〜1598)が文禄・慶長の役(1598年)の際、フグを食べて死ぬ者が多くでため、「河豚(ふぐ)食禁止令」を出したといわれています。

その後江戸時代になっても武士に対してはフグを食べることを禁じる藩が多く存在していました。

反面庶民はフグを食していたようです。

明治になるまでフグを食べることは禁止されていましたが、1888年下関条約の会議中に
春帆楼を訪問した時の内閣総理大臣伊藤博文(1841〜1909)はブグを食べその美味しさに感動して山口県限定で伊藤博文によって解禁されることになります。


切手は1966年日本発行の「魚介シリーズ切手」の中の1枚で、トラフグが描かれた切手を貼った初日カバーです。


トラフグ.1966.jpg



切手は2009年日本発行の「初代内閣総理大臣伊藤博文公没後100年(光市)オリジナルフレーム切手」で、伊藤博文の肖像とともに、ゆかり地や銅像、夫人の写真の切手が収められています。


伊藤博文.2009.jpg


切手は2013年日本発行の「名古屋まつりオリジナルフレーム切手」で、徳川家康、織田信長、豊臣秀吉の人物画とともに、名古屋城やゆるキュラが切手が収められています。


名古屋まつり.2013.jpg
posted by 血液の鉄人 at 09:04 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月11日

ピタゴラスの定理は彼が発見する前に既に存在していた?

「ピタゴラスの定理」は、三平方の定理とも言われ紀元前6世紀に古代ギリシャの哲学者、医学者、数学者、政治家でもあったピタゴラス(紀元前582年〜紀元前496年)が発見したされています。

この定理は直角三角形の斜辺の長さの2乗は、他の2辺の長さの2乗の和に等しいというもので、公式で表すと「aの2乗+bの2乗=cの2乗」です。

今回今から3700年前の古バビロニア(現在のイラク)の遺跡から見つかった粘土板に、数学の「三平方の定理」を使った正確な直角三角形が描かれていたことが分かりました。

これまでの研究から、バビロニア人はピタゴラスより1000年も早く定理を理解していたことが明らかになっています。

この研究結果は2021年8月3日オーストラリアの数学者が国際雑誌に投稿しています。

今回の発見で、直角を必要とする実際の測量などに知識を応用していたことも確認されたことになります。


切手は1972年スリナム発行の「ピタゴラスの定理切手」で、ピタゴラスの定理が描かれています。



ピタゴラスの定理.スリナム.1972.jpg



切手は1955年ギリシャ発行の「ピタゴラス会議切手」で、ピタゴラスの定理が描かれています。



ピタゴラスの定理.ギリシャ.1955.jpg



切手は1983年サンマリノ発行の「科学のパイオニア切手」の中の1枚で、ピタゴラスの定理と共にピタゴラスの横顔が描かれています。



ピタゴラス.サンマリノ.1983.jpg



切手は2014年韓国発行の「国際数学者会議切手」の中の1枚で、ピタゴラスの定理が描かれています。



ピタゴラスの定理.韓国.2014.jpg

posted by 血液の鉄人 at 08:09 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月04日

新型コロナウイルス感染症の感染防止対策を呼びかける切手

新型コロナウイルスの感染防止対策としては、マスク着用・手洗い厳守(アルコールによる手指の消毒)・密を避ける(密集・密接・密室)・室内換気と咳エチケット・検温・ワクチン接種があります。

37.5℃以上の発熱や体調不良のある場合、外出を控え休養して、解熱しないときは事前に医療機関に連絡してその指示に従って下さい。

ワクチンは100%感染を予防出来ませんが、感染したときに重症化しにくいとと、周囲にも感染を広げにくいと考えられていますので、可能な限り接種することが推奨されています。


切手は2021年ジンバブエ発行の「新型コロナウイルスとの戦い・COVID-19の認識小型シート」で、COVID-19ワクチン(左上)、体温測定(右上)、流水による手洗い(右下)、消毒液による手指の消毒(右下)を描き、新型コロナウイルス感染予防を呼びかけています。


コロナ感染予防.ジンバブエ.2021.jpg
posted by 血液の鉄人 at 14:21 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする