2024年02月16日

黄道十二星座−10.いて座−

いて座(射手座、Sagittarius:サギッタリウス)のモデルとなったのは、ギリシャ神話に登場するケンタウルス一族のケイロンで、彼は狩猟や音楽、医学、予言などににたいへん優れていて 怪力ヘルクレスをはじめ、名医アスクレピオスなど多くの教え子がいました。

ヘラクレスがケンタウロスの一族と戦ったとき、ヘラクレスが放った毒矢がケンタウロス族の一人、エラトスの腕を射抜いて恩師であるケイロンの膝に刺さってしまいます。

ケイロンは不死でしたが、傷の痛みに耐えられず、不死の力をプロメテウスに譲り、死を選びました。

ケイロンの死後、彼の素晴らしい才能を惜しんで全能の神ゼウスが夜空に上げ、いて座にしたと伝わっています。


切手は1978年リヒテンシュタイン発行の「星座切手」の中の一枚で、いて座が描かれています。


射手座.リヒテンシュタイン.1978.jpg


切手は2005年オーストリア発行の「星座切手」の中の一枚で、いて座が描かれています。


射手座.オーストリア.2005.jpg


切手は2013年カナダ発行の「星座切手」の中の一枚で、いて座が描かれています。


いて座.カナダ.2013.jpg




切手は2015年ラトビア発行の「星座切手」の中の一枚で、いて座が描かれています。


射手座.ラトビア.2015.jpg
posted by 血液の鉄人 at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 星座切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする