2021年04月10日

ネアンデルタール人絶滅の理由とは

ネアンデルタール(Homo neanderthalensis)は、1856年に現在のドイツのネアンデル谷で発見された。

ネアンデルタール人は、系統樹的には60〜40万年前に現生人類から分岐した別種の人類で、ヨーロッパで約3万年前まで生存し、現ヨーロッパ人の祖先に当たる、クロマニオン人と同地域で共存した時代があると言われています。

一昔前まではネアンデルタール人を現生人類(英: Modern Humans)の祖先とする説がありましたが、遺骨から得られたミトコンドリアDNAの解析結果に基づき、現在ではネアンデルタール人は我々の直系先祖ではなく別系統の人類であるとする見方が有力となっています。

ネアンデルタール人が絶滅の原因は多くの仮説が存在しますが、多くの仮説は現生人類とネアンデルタール人の間で起きた衝突により、ネアンデルタール人が絶滅に追いやられたと推測しています。

※ネアンデルタール人が絶滅した原因に関しては、十分に証拠がなくいずれの説も仮説の域を出ていません※

ネアンデルタール人の絶滅の仮説を一つ上げてみますと、

当時のネアンデルタール人は、せいぜい十数人の家族単位で生活していたのに対し、ホモ・サピエンスは数十人、数百人で集団生活をしていたと言われています。

これだけの人数が集団生活を送るとなると、コミュニケーションをとるために言語の発達する、何か新しい発見や改良があるたびに、その情報は言語化され、集団のなかで共有化され進化し続けていきます。

石器に関してもネアンデルタール人のものが、30数万年に渡りほとんど進化しなかったのに対し、ホモ・サピエンスの使用する石器は幾度も改良が加えられ、より精度が高く使いやすいものに変化ししていきます。

言語も発達し集団で共有されることで、やがて文化が芽生えることになります。

この文化は発展続けて世代を超えて受け継がれ、集団としての強さとなるわけです。

この文化の大きな異なりがホモ・サピエンスとネアンデルタール人の運命を分けることになります。

環境の変化に対して、個人もしくは家族で対応するしかなかったネアンデルタール人に対し、文化(先人や集団の経験・知恵の集積)によって対処したホモ・サピエンスが生き残りネアンデルタール人は絶滅の憂き目を見ることになったのです。

いみじくもチャールズ・ダーウィンの言葉に、"強いもの・賢いものが生き残るのではない。変化できるものだけが生き残る"が胸に突き刺さります。

切手は1997年キューバ発行の「類人猿切手」で、ネアンデルタール人の頭蓋骨とともに復元されたネアンデルタール人が描かれています。



ネアンデルタール人.1997.キューバ.jpg


切手は2006年ドイツ発行の「ネアンデルタール人発見150年記念切手」で、ネアンデルタール人の頭蓋骨とネアンデルタール人の名前の由来となったネアンデルタール(ネアンデル谷)が描かれています。


ネアンデルタール人.ドイツ2006.jpg



切手は2016年ジブラルタル発行の「ゴーラム洞窟群切手」の中の1枚で、ネアンデルタール人が描かれています。




ネアンデルタール人.2016.ジブラルタル.jpg



【ゴーハム洞窟群】

イギリス領ジブラルタルにあります。

ロック・オブ・ジブラルタルの東側に、200余りの洞窟があり、中でもゴーハム、ヴァンカード、ハイエナ、ベネットと呼ばれる4つの洞窟からは、125,000年以上前のものと見られるネアンデルタール人の生活跡が発見されています。
posted by 血液の鉄人 at 08:31 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。