2021年07月17日

久しぶりのエイズ関連切手の発行

2020年12月イタリアは、「世界エイズデー記念切手」を発行しました。

図案は触れ合うレッドリボンの手と世界地図が描かれています。




世界エイズデー.イタリア.2020.png



2020年から新型コロナウイルの世界的流行を受けて、新型コロナウイルの関連切手は全世界から発行され続けていますが、エイズ関連の切手の発行はほとんど無くなりました。

2019年末の世界のHIV陽性者数は3800万人、新規HIV感染者数は年間170万人、エイズによる死亡者数は年間69万人となっています。

エイズは今も世界的に流行していますが、新型コロナウイルの流行の影に隠れて忘れ去られようとしています。

現実は新型コロナウイルの影に隠れて今も流行していることを忘れてはなりません。

posted by 血液の鉄人 at 07:55 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。