2021年12月11日

ピタゴラスの定理は彼が発見する前に既に存在していた?

「ピタゴラスの定理」は、三平方の定理とも言われ紀元前6世紀に古代ギリシャの哲学者、医学者、数学者、政治家でもあったピタゴラス(紀元前582年〜紀元前496年)が発見したされています。

この定理は直角三角形の斜辺の長さの2乗は、他の2辺の長さの2乗の和に等しいというもので、公式で表すと「aの2乗+bの2乗=cの2乗」です。

今回今から3700年前の古バビロニア(現在のイラク)の遺跡から見つかった粘土板に、数学の「三平方の定理」を使った正確な直角三角形が描かれていたことが分かりました。

これまでの研究から、バビロニア人はピタゴラスより1000年も早く定理を理解していたことが明らかになっています。

この研究結果は2021年8月3日オーストラリアの数学者が国際雑誌に投稿しています。

今回の発見で、直角を必要とする実際の測量などに知識を応用していたことも確認されたことになります。


切手は1972年スリナム発行の「ピタゴラスの定理切手」で、ピタゴラスの定理が描かれています。



ピタゴラスの定理.スリナム.1972.jpg



切手は1955年ギリシャ発行の「ピタゴラス会議切手」で、ピタゴラスの定理が描かれています。



ピタゴラスの定理.ギリシャ.1955.jpg



切手は1983年サンマリノ発行の「科学のパイオニア切手」の中の1枚で、ピタゴラスの定理と共にピタゴラスの横顔が描かれています。



ピタゴラス.サンマリノ.1983.jpg



切手は2014年韓国発行の「国際数学者会議切手」の中の1枚で、ピタゴラスの定理が描かれています。



ピタゴラスの定理.韓国.2014.jpg

posted by 血液の鉄人 at 08:09 | Comment(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。