2022年06月04日

セントラルドグマ

細胞がタンパク質を作り出す原理です

遺伝情報がDNA→(転写)→mRNA→(翻訳)→タンパク質」の順に伝達されるのをセントラルドグマといいます。

セントラルドグマ(Central dogma)は、1958年にイギリスの科学者のフランシス・クリック(1916〜2004)によって提唱された分子生物学の基本原則のことです。

クリックは、1962年にジェームズ・ワトソン(1928〜)、モーリス・ウィルキンス(1916〜2004)とともに『DNAの二重螺旋模型を確立』によってノーベル生理学・医学賞を受賞してます。

セントラルドグマはすべての生物に共通している生命の基本原理となります。

DNAはアデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)を4つの塩基を有していて、この配列が遺伝子情報のとなり、その情報によって種々のタンパク質が作り出されていきます。

切手は2000年ガイアナ発行の「20世紀の科学と医学の進歩切手」の中の一枚で、フランシス・クリックが描かれています。



クリック.1995.ガイアナ.jpg


切手は2000年パラオ発行の「20世紀の科学と医学の進歩切手」の中の一枚で、モーリス・ウィルキンスが描かれています。


モーリス.ウィルキンス.パラオ.2000.jpg




切手は2000年パラオ発行の「20世紀の科学と医学の進歩切手」の中の一枚で、ジェームズ・ワトソンが描かれています。



ジェームズ.ワトソン.パラオ.2000.jpg



切手は2000年パラオ発行の「20世紀の科学と医学の進歩切手」の中の一枚で、DNA二重らせんが描かれています。



DNA二重螺旋.2000パラオ.jpg



切手は1999年イギリス発行の「ミレニアムシリーズ8-科学者の物語切手」の中の一枚で、DNAが描かれています。



DNA.イギリス.1999.jpg

posted by 血液の鉄人 at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック