2024年01月06日

二十四節気−1.小寒−

二十四節気(にじゅうしせっき)とは、1年の太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められています。

古代中国では、月の満ち欠けに基づいた太陰暦が使われていましたが、太陰暦による日付は、太陽の位置と関係がないことから暦と季節の間にズレが生じてしまいました。

そこで本来の季節を知る目安として、太陽の運行を元にした二十四節気が暦に導入されたのです。

また二十四節気は、その年によって1日程度前後することがあります。

日本においては、国立天文台が決めていて毎年2月に官報で翌年の分を発表しています。

1年は二十四節気の「立春」から始まり「大寒」で終わります

今回から生活に役立つ二十四節気を順に紹介していきますのでお付き合いください。

本来は始まりの立春からの紹介となりますが、現在1月ですので、小寒から紹介させていただきます。

本日2024年1月6日は小寒です。

新年を迎えて本格的な寒さが訪れる季節で、小寒に入ることを「寒の入り」、節分までの30日間を「寒の内」といい、寒風と降雪の時節でこの日から池や川などに張る氷は厚みを増して寒さが身にしみる頃になります。

小寒を過ぎ、冬の寒さが厳しくなってくるので、体調管理には十分注意してください。

この時期から寒中見舞いを出し始めます。

立春が寒の明けになります。

この時期寒椿が見頃となります。

寒椿は、寒い季節に花を咲かせるツバキという意味もあります。

椿は、花が丸ごと落ちてしまうのに対して寒椿は花びらが1枚1枚散っていくことが特徴です。

今でも親しみのある1月の行事といえば、まずは7日の「七草粥」の日でしょう。

雉始雊(きじはじめてなく)の季節で、雉の雄が雌を求めて「ケーン ケーン」と高鳴く声が聞こえ始める頃でもあります。



切手は2019年中国発行の「二十四節気切手」の中の一枚で、小寒が描かれています。



小寒.中国.2019.jpg


切手は2022年台湾発行の「二十四節気切手」の中の一枚で、小寒が描かれています。



小寒.台湾.2022.jpg



切手は1994年日本発行の「四季の花シリーズ第4集」に描かれた酒井抱一が描いた「寒椿」が描かれています。



寒椿.1994.jpg

酒井 抱一(さかい ほういつ 1761〜1829)は、江戸時代後期の絵師、俳人です。



はがきは2021年日本発行の「絵入りはがき2021冬柄」の中の一枚で、寒椿が描かれています。



はがき.2021.寒椿.jpg


切手は1950年日本発行の「キジ航空切手」の中の一枚で、日本の国鳥であるキジが描かれています。


キジ航空.日本.1950.jpg
posted by 血液の鉄人 at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医学切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック