2024年01月23日

ビーグル犬物語−1.ビーグル犬とは−

今回から数回に分けてビーグル犬を取り上げていきますので、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

ビーグルは、イギリス原産のセントハウンド犬種で嗅覚が優れているため、ウサギやノウサギなどの小型哺乳類の狩猟に使われてきました。

【特徴】

 体高:オス36〜41cm、メス33〜38cm

 体重:オス10〜11kg、メス9〜10kg

 ビーグルのビーグルの毛色の種類 トライカラー・レッド&ホワイト・レモンカラー

 ビーグルのスタンダードカラー ブラウン&ホワイト(ホワイト&ブラウン)、ブラウン,タン&ホワイト

※一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)によって細かく定められていて、犬種スタンダードで認められていない毛色については、以下のとおりです。

ブラウン&ホワイト(ホワイト&ブラウン)・ブラウン・タン&ホワイト(ブラウン,ホワイト&タン/ホワイト,ブラウン&タン)

 寿命:12〜15歳


 【性格】

非常に人懐っこく、愛情深く、友好的で、甘えん坊な性格で人見知りをしないため、家族や他の犬とも仲良くすることができます。

また、好奇心が旺盛で、活発に動き回ることが大好きです。

散歩の際には臭活が激しく、殆臭いを嗅ぎ回ります。

【飼い方】

ビーグルは、運動量が多い犬種ですから、1日1時間以上の散歩や、ドッグランなどでの遊びが必要です。

また、好奇心が強いため脱走や迷子に注意が必要です。

一方で、甘えん坊で寂しがりやな一面もあり、ひとりぼっちになると大きな声で鳴いてしまうこともあります。

【注意すべき病気】

先天的な病気にかかりにくいことから長生きしやすい犬種と言われています。

但し垂れ耳なので耳の穴が蒸れやすく、耳の病気にかかりやすい傾向がありますので週に1〜2回程度は耳掃除をして清潔に保つ必要があります。

【嗅覚】

臭覚ハウンドという仲間に属するこの犬種はその名の通り、『臭覚』 がとても優れていて、臭いを嗅ぐことが大好きなことから、空港の到着フロアで違法な肉製品や果物などの持ち込みを発見する「動植物検疫探知犬」として活躍しています。


【まとめ】

ビーグルは、人懐っこく、愛情深く、友好的な性格で、家族や他の犬とも仲良くできる犬種です。運動量が多いため、散歩やドッグランなどでの遊びをしっかりとさせてあげましょう。

【ビーグル犬切手】


切手は2014年アンゴラ発行の「犬切手」の中の一枚で、ビーグルが描かれています。

100.ビーグル.アンゴラ.2014.jpg



切手は2017年アゼルバイジャン発行の「犬切手」の中の一枚で、ビーグルが描かれています。


121.ビーグル.アゼルバイジャン.2017.jpg


切手は2015年ギニア発行の「犬小型シート」で、ビーグルが描かれています。


104.Beagle小型トート.ギニア.2015.jpg



写真は我が家のビーグルで、スイ(メス・13歳)です。


スイ..jpg
posted by 血液の鉄人 at 13:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビーグル犬切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック